2011年 6月16日 (木) 雨 

出発地 徳島県阿南市 道の駅 「公家の郷なかがわ」
現在地 香川県さぬき市 道の駅 「津田の松原」
走行距離  121.7km
累計距離 3819.6km
出費 5,980円
内訳
GAS 3,000円
食費 2,020円
雑費   960円

予報通り雨でした・・何の何のですよ

徳島はなんでも日本一で一番低い山と
鳴門の渦潮と徳島ラーメンに興味があり
ましたので行こうと思っていますが

雨なので少し億劫です!!

時間も有りそうなので車内生活を少し
見せちゃいます
興味がありますか??

相棒はXトレですのでアウドァー用ですかねー
一応、四駆ですが利用することは
そんなに多くありません

後部座席は倒して生活空間になっています
こんな感じです
寝床
寝るときは荷物を全部左側の衣装BOXの上に移動をして
寝床の確保です・・

一週間ぐらい寝つきが悪いですが
今では爆睡いしてます・・慣れって恐ろしい!!

食卓&書斎です
食卓
何かにつけて役に立って便利な空間ですよー

食糧保存庫&時々保冷庫!!
スーパーで保冷用の氷を入れると
半日くらいは持ちます
保存庫
今回の旅で絶対に無ければ困る三種の・・・です
パソコン、携帯、WiFi,デジカメの充電器です
モバイル
壊れたらどうしようと、いつも心配をしている
インバータです
インバータ
これが壊れると一巻の終わりです
電源が無くなり、電源の確保で右往左往ですよー

まぁーなんだかんだを言いながら快適な旅を
していると思います

一番の大敵はやはり雨ですね!!
要するに湿気です

シューズ関係を乾かす手段が少ないんです
出来るだけ外に出して乾かすようにしてはいる
ですが、雨が降るとね・・・

コンビニ袋とかに入れているんですが
臭いは漏れるんです
仕方がないので車内に芳香剤を置いています

アァ!!
洗濯が終わりましたので
鳴門の渦潮を見に行くか、徳島ラーメンを食べに
行きます

徳島にはなんでも日本一が一つありました
方上町にある日本で一番低い山で弁天山と
言います、6.1mしかありません!!

人工的にこさえた低い山はほかにもありますが
自然の山で国土地理院が認定したのは
此処だけだそうです

田んぼの中にポンと飛び出て、初めて行った人でも
遠くからアレだとすぐに解ります
弁天山1
これ!!
山ですかネー

頂上には祠があり神様がお祀りされています
義経さんと関係があり、その時代は海だったようで
戦いの前に神に無事に海を越えられるように
神様を祀ったと能書には書いてありました
弁天山2
一周何歩・・あるか数えたら100歩でした、私の足でですよ?
雨も降っていたので98歩くらいかもしれません

渦潮を見る前にラーメンを食べに行ったんですけど
私の食べた徳島ラーメンは??なぜか
味噌ラーメンでした??
聞くわけにもいかず黙って頂きました
ヤッパ!!
味噌ラーメンですよ・・味も・・

雨は外周りが出来ず困ちゃいます
インドアーで楽しめるのは無いか調べたら

鳴門の渦潮が雨に濡れず楽しめると
ネットに書いて有ったので行って見ます

鳴門大橋のたもとに記念館と遊歩道が出来て
遊歩道は鳴門大橋の下の500mくらいの廊下を
ぶら下げて、渦潮の真上まで行けるように
なっていて、迫力のある渦潮が見えるように
なっているんです

潮の満ち干で大きな渦潮が出来るんだそうです
12時がその時間で大きな渦潮が見えたそうです

何と!!私はと言うと
その時間に徳島味噌ラーメンを食べていたのです
なんてバカなことを!!
コンチクショー
バカヤロー・・ですよ
それでも、残りカスを少し
見てやってください・・
渦潮2
解りますか・・???

廊下の床にところどころガラス張りになってて
覗けるようになってるんです
何となく怖い・・
渦潮1
こんな廊下が約500mくらい海側に橋と一緒に伸びて
いるんです
渦潮3
上手くこさえてありますよ

天気が良ければ最高に楽しめたのに
残念でした!!

遊覧船もありましたが
高そうなので止しときました
天気が良ければ遊覧船の方が好いかも??

これで、今晩は香川県ですので
一周したことになります

6月10日に瀬戸大橋から坂出に入り
明日で丁度一週間になります
7日で一周したことになりました

本当はあと3日くらいあると、かずら橋とか
大歩危・小歩危なども回れTんでしょうが??

次はきっと回るゾー












 

2011年 6月15日 (水) 曇り 

出発地 高知県高知市 某ホテル
現在地 徳島県阿南市 道の駅 「公家の郷なかがわ」
走行距離  256.9km
累計距離 3697.9km
出費 4,590円
GAS 3,000円
食費 1,090円
雑費   500円

昨夜はPCとかデータ整理で夜中の12時まで
かかり、少し寝不足です

それと30年来の友人とやっと連絡が取れて
18日に昼飯を宝塚でする約束をしたので
四国に居られるのが限られてしまい
スケジュールがテンテコマイマイになって
しまいました

まだまだ、寄りたいところが沢山有るので
少し絞らなければいけなくなりそうです

とりあえず、高知ですので
はりやま橋に表敬訪問をしてスタートします

ところが場所が解らず30分くらいクルクル
してしまいました
余りにも小さいので見落としてしまいました??
これが、かの有名なはりやま橋です
はりまや橋
岡山でも松山でも見ました
子供のころからチンチン電車って呼んでいましたが
こちらではなんて呼ぶんでしょう??
電車
今回の四国巡りは修学旅行の懐かしみめぐりになりそうです

桂浜はどうしても、もう一回来たかったんです
再訪した感想は
浜、竜王岬など自然は全然変わってなかったです
とても懐かしく感無量です
桂浜
潮の臭いもそのままのようでした
竜馬さんも、変わらず同じ姿勢だ待ってくれて
いるようです
竜馬
桂浜は浜も含めて周りの環境がとっても綺麗で
地域の主にお年寄りが頑張っていました
掃除が行き届いて、気持ちがいいですねー

武市さんの生家を見たかったんですけど
辿りつくことが出来ず・・またもや断念・・
竜馬さんより好きなので、残念です

さぁーこれから徳島までひとっ走りします
室戸岬に行く理由は、これと言ってないんですが
強いて言えば足摺岬の対面と言うことくらいですか
景色は奇岩が沢山あり意外と良かったです
夫婦岩だそうです
伊勢の二見が浦にもありましたよねー
夫婦岩
唯一、室戸岬と解る証拠かな??
室戸岬
最後になりましたが
四国の最東端の蒲生田岬に向かいます
室戸岬だとばかり思っていたんですが
違うんですね

ここは灯台が最先端に立っていますので
まず灯台に登ることが先端に立つと言うことに
なります

ところが見上げるような階段・・・
152段ありました・・ゼイゼイ・・
息が止まりそー

やっと登り切ったところが岬の最先端です
かもだ岬1
とっても小さな証明の碑です
もっと大きくても良いのに!!資金不足かも??

此処の灯台は登れませんが
少し形が変わっていました・・外に階段が付いて
るんです

高知から室戸経由で徳島まで55号線を走って
来たのですが、途中1回もアンテナが立つことが
無く、困り果てました

土佐浜街道から土佐東街道は海岸沿いをひたすら
走るので、常に磯の香りがプンプンで
気持ちの良いドライブが出来ました

また、この街道はアベックお遍路さんが多かった
のと、チャリダーさんを何人か見かけました
荷物を一杯積んで、元気そのもの
グワンバレー!!













 

2011年 6月14日 (火) 曇り時々晴れ 

出発地 高知県須崎市 道の駅 「かわうその里すざき」
現在地 高知県高知市 某ホテル
走行距離  311.3km
累計距離 3440.7km
出費 6,150円
内訳
食費 1,300円
雑費 4,850円

今日は300km以上走ったんですけど
前にはほとんど進んでいません!!

理由は今まで海岸沿いを走っていたんですけど
今回、見たいところが内陸で愛媛と高知の
県境にあるので、また愛媛に戻ることになり
アァー勿体ない・・・

愛媛から入った方が近かったりして?
本当に近いんです
考えると腹が立つので、過ぎた事は考えない
事にします

そんなことで、愛媛の西条市まで戻ります
なんでも日本一の寒風山トンネルが
そこにあるからです

寒風山トンネルは、無料道路で一番長いトンネル
で5432mもあります
国道194号線で高知いの町から愛媛西条市を
結んでいます

高知から緩うーい下りで通過に5分ほどかかり
何時の間にかスピード出ていて感覚がチョット
麻痺しますね
高知いの町より
八風山1
物好きが一人いました・・私以外に
そそくさと写真を撮っていちゃいました
愛媛西条市から
寒風山トンネル
西条市から約19kmで
須崎市からは60kmぐらいありました

このあとも、やっぱり県境で三大カルストの
四国カルストにふたっ走り・・・です、です

規模的には秋吉台に及びませんが
雄大な景色が広がっていました
ここは全体が私有地のようで牛が
放牧されてて有刺鉄線が張り巡らされて
特定の区域しか入れないようでした

カルスト台地の真ん中を県道が横切って
いて、平日だとかなり自由に車が止められて
鉄条網越しに牛さんとお話ができます
四国カルスト1
食事中の牛さん
触れることもできました
四国カルスト2
今回、つくずく思いました
この、雄大な景色はパノラマで撮らなくては・・
このデジカメでは腕よりも前に
限界がありますよ

帰りはチョーマイナーなスポットが・・
四万十川の源流点の碑があるとのこと
行きましょ、行きましょ!!

ところがマイナー過ぎて案内版も見つからず
地元の人に聞いてもコンビニで聞けとばかり??

1時間以上もクルクル・・・・
とうとう見つからず
断念しました
普通・・は案内板あるんですけどねー

なあーんかしっくりしませんが

現存天守閣がある城の高知城に
行かないと時間切れになってしまう!!

何とか滑り込みセーフ フゥー
まず、階段登りから 123・・123・・
城は四国4城の中で一番重厚な感じを
受けました
たぶん、石垣の石が一つ一つ大きいせいだと
思う
追手門・・梁の大きいこと
高知城1
天守閣・・とても雰囲気がある
高知城2
おまけは高知名物の アイスクリン・・
昔のサッカリンキャンディーの味を思い出し
懐かしく頂きました
高知城3
車中泊のつもりで道の駅を調べたら10km以内になく
戻るか、先に行くか何ですよ・・・

明日は桂浜と武市の生家をどうしても見たいし
DVDも調子が悪いし
ブログのカテゴリーも編集をしたいので
高知市内に泊まります

ネットで申込み朝食付3500円
安いでしょ
調べるとあるもんです・・

追 今回の高知城で四国のお城はすべて終わりました
   
   














  

日本国本土の端

■北端 宗谷岬
 北海道稚内市
 2012年7月18日

 
■東端 納沙布岬
 北海道根室市
2012年8月11日

 
■南端 佐多岬
 鹿児島県佐多町
 2011年5月16日
左手に注目です

■西端 神崎鼻
 長崎県小佐々町
 2012年4月13日 到着
シャァー・・・サイコー

本州の端

■北端 大間崎
 青森県大間町
 2011年9月22日 到着
大間崎1

■東端 魹ケ崎
 岩手県宮古市
 2012年6月26日 到着
興奮しています

■南端 潮岬
 和歌山県串本町
 2011年6月3日 到着
潮岬1

■西端 毘沙ノ鼻
 山口県下関市
 2011年6月22日 到着
毘沙  

北海道

■北端 宗谷岬
 稚内市
2012年7月18日


■東端 納沙布岬
 根室市
2012年8月11日


■南端 白神岬
 松前町
 2012年6月30日 到着


■西端 尾花岬
 せたな町
 2012年6月30日 到着


四国の端

■北端 竹居岬
 香川県高松市
 2011年6月17日
竹居岬1

■東端 蒲生田岬
 徳島県阿南市 
 2011年6月15日 到着


■南端 足摺岬
 高知県土佐清水市
 2011年6月13日 到着
足摺岬3

■西端 佐田岬
 愛媛県伊方町
 2011年6月12日 未着
 風雨により灯台駐車場にて断念
 2012年5月26日 到着
佐田岬1
 2012年5月26日 再訪




九州

■北端 門司港大刃浦コンテナーターミナル
     一般人立入禁止
 2012年4月17日 到着


■東端 鶴御岬
 大分県佐伯市
 2012年5月21日 到着


■南端 佐多岬
 鹿児島県大隅町
 2012年5月16日 到着


■西端 神崎鼻
 長崎県佐世保市
 2012年4月13日 到着

2011年 6月13日 (月) 晴れ 

出発地 愛媛県三間町 道の駅 「みま」
現在地 高知県須崎市 道の駅 「かわうその里すざき」
走行距離  250.4km
累計距離 3129.4km
出費 10,570円
内訳
GAS 7,320円
食費 2,050円
雑費 1,200円

朝、歩き遍路の人と話す機会があり
結願するまで普通の人で44日くらい
掛かるそうです

その人は、いま24日目でやっと半分だそうで
1.2日遅れているとボヤいてました

お遍路さんが昔のように泊まれる場所が無くて
大変だそうです

どこかの役所がお遍路さんは道の駅に宿泊しては
ならぬと通達が出ているみたいで、今回のように
道の駅に上手く泊まれる事は少ないようです

そういえば、香川、愛媛ではお遍路さんを見かける
事は少なかったように思います

高知に入って見ることが多くなりました
それも、ほとんどは歩き遍路で若い男性が
多いいです・・

一人だけ女性でチャリ遍路さを
してる人がいました
女性の場合は勇気がいりますよね

今日は
現存天守閣のある城で
宇和島城を見に行きます

三間と宇和島は車だと20分位ではやいんですね
アット言う間に着いてしまい
何処でも9時からなので1時間くらいは
待たされると、覚悟はしていたんですけど・・・

担当の人が8時半くらいに来て30分くらい
早く入れて貰い助かりました

その人は学生のとき目黒に住んでいたそうで
私も生れは目黒なので話が弾んで
結局、9時のオープンと変わらなくなっちゃいました

お城は何処でも小高い山の上にあるので
いつも階段歩きから始まります
宇和島城は急坂でなかったので助かりました
こんな階段を三の丸、二の丸、天守閣へと
続きます
宇和島城1
こじんまりした天守閣で
シロアリに傷めつけられて、大改修をしたようで
よく、今に戻ったと思いますよ
宇和島城2
これから足摺岬まで遠っっぱしりがありますので
早々に引き揚げました

いよいよ高知に突入です

愛媛で気が付いたことが一つ
自動車のナンバープレ−トの愛媛の愛(え)ですが
ちゃんとした愛とあと一つ変な愛がありまっす
良く見てみー
まぁーどうでも良いことですけど??

宇和島から足摺岬までは遠いいです
ひたすら441号線を走るのみ・・・

四万十川沿いの細い道を対向車と遠慮し合いながら
黙々と走ります
信号も無えー、コンビニモ無えー

やっと土佐清水に到着・・・
これから足摺岬まで山越えです

でも昨日の佐田岬に比べたら天国ですよ

四国最南端の足摺岬です
展望台からの1枚です
足摺岬1
灯台が最南端だと思います
足摺岬2
展望台の入り口にある標識の前で・・確認
足摺岬3
後ろ向きの銅像は誰でショー
はい!!
ジョン万次郎です・・・正解

四万十川沿いを走ってきましたので
かの有名な沈下橋を
佐田と岩間の二箇所どちらも同じような橋で
増水した水没しまうだけです
沈下橋2
一往復してみましたけれど
結構、怖いです・・落ちそうで!!

四万十川には沈下橋が47か所もあるんですって??

岬めぐりは大変!!
同じ道を行ったり来たりですから
時間と距離だけは、しっかりかかります

サァー
今、来た道を今夜の宿泊地。須崎までもどりまーす

発見!!
日帰り温泉
土佐佐賀温泉「こぶしの里」

一人占め
だーれも居ません
つるつるです・・お肌に最高です??













2011年 6月12日 (日) 一日中大雨 

出発地 愛媛県内子町 道の駅 「内子フレシュパークからり」
現在地 愛媛県三間町 道の駅 「みま」
走行距離  181.3km
累計距離 2879.0km
出費 2,170円
内訳
食費 1,670円
雑費   500円

今日も天の神は涙雨です
それも、もの凄い大泣きみたい

車のワイパーがHiでも間に合いません
留まってもやる事ないし
道の駅の人に内子の案内図を貰ったんですけど
この大雨では散策もできねー

内子座は見ておきたかったので
雨の中出かけて見ました

時間の関係で内部見学はできなかったけれど
道の駅で知り合った人が、内子座の修復事業を
したときの理事長で当時の苦労話などを聞くことが
出来ました

やはり、古いので何に付けても部材が無いそうです
全国で閉館する小屋から部材を分けて貰うのに
飛び回ったそうです

小さいながらも、回り舞台もあり本格歌舞伎ができる
そうです、ソデもあるそうです
外観だけでも見てチョ
内子座1 
正面の軒下・・ちゃんとした呼び名はあるんでしょうが??
内子座2
月間予定表を見たら
地域の催しものでイッパイでした

確か7月の初旬に
宇崎竜童ち鶴田真由美の芝居が入ってました

芝居が出来る人は地方で地道に
活動をしているんですね

大洲の臥龍山荘に行こうと内子を出たんですけど
もの凄い大雨でコンビニで2時間ぐらい足止めを
食らちゃい・・暇こいでデータ整理ができましたよ!!

何とか大洲まで辿る着いたんですけど
大雨で山荘まで歩いてはいけません

観光案内所のおじさんと世間話のついでに
それとなく、山荘まで車で行ける方法を聞いたら
何と!!あるんですよ

山荘の前の茶店で食事をすると
駐車場がタダです

地元の人しか知らない道で上がって行くと
茶店がありましたので、帰りの食事を予約し
ラクラク山荘見学が出来ちゃいました・・

雨で見学者が来ませんので案内は
一人占めです

こじんまりとした山荘ですが
贅沢の粋を目立たないように造作を
してあり
金と時間を費やしたんですね・・・

庭も木々、石、茶室も落ち着きますよ
特に苔が綺麗ですね
川っぷちで湿度が高いので苔の成長が
早いんだそうです

室内の撮影は禁止ですので
縁側です

何とか苔と言うんだそうです?

お茶を御馳走になりました 400円ですけど
価値はあると思います
不作法でスイマセン!!

臥龍山荘は四季折々に来てみたいです
東京からは無理か・・・

駐車料代わりの冷やしうどんです
つけ汁が辛口で、とっても
うんめえー
臥龍昼食
せっかくの四国ですので
四端に行きたいと思っているんですけど・・

この雨でしょう・・・行っても無駄かなァー
でも一か所でも欠けたら意味ネーし

自己満足のため、無理を承知で行って見ます
西端の佐田岬へ・・・

途中で後悔しきり
佐田岬半島はとてつもなく長い
行けども、行けども届かない
やんなちゃうヨー・・・

おまけに大雨と強風と霧で5m先が見えない
危ない、怖い・・・
それでも突き進むのみ

やっと、灯台の駐車場に到着しました
先客が2台・・いるんですねー
その後も数台きました

ところが灯台、岬の突端はここから1.8km
先です!!
とても、この台風の中歩いて進む勇気はありません
断念!! 無念

自己満足でこれで良し
佐田岬1
灯台の駐車場・・・見えませーん
佐田岬2
霧の中を恐々進みます
佐多岬3
機会があればまた挑戦したいです!!
でも、気分は行った事にしよー

佐田岬の帰りに気が付いたんですけど
宇和島と宇和があるんですね
今まで気が付きませんでした??

明日は雨が止みますように・・・・・















2011年 6月11日 (木) 大雨・小雨 

出発地 愛媛県新居浜市 道の駅 「マイントピア別子」
現在地 愛媛県内子町   道の駅 「内子フレシュパークからり」
走行距離  147.9km
累計距離 2697.7km
出費 9,890円
内訳
GAS 6,010円
食費 2,680円
雑費 1,200円

おはようございます
やっとアンテナの立つところまで
移動できました

11日は朝から叩きつけるような大雨・・・
参ったなー!!

せっかく別子銅山をわざわざ見に来たのに
小振りになるまで待つか・・

札幌から石鎚山に登りに来た人がズボンを
洗っていたので、少し話こむ・・
これから乗鞍方面を登る予定だそうです
これから北、中央アルプスはシーズンですもんねー

自分も100名山を登るつもりで登山道具一式は
持ってきたんですけど・・
なんか、最近すごく呼吸が取れなくなるので
今回は無理をして登るのは止しておこうと
思ってます

そうこう、している内に雨が小降りになって
来たので銅山の遺構がある東平に行きます
平と書いて「たいら」とか「ひら」とか読むのでは
なく、他に読み方があるみたい??

3kmほど車がやっとの林道を登りきると
立派な広場に着きました

大雨と朝が早いので一人です・・

ついに来ました「東洋のマチュピチィ」に・・・・
バウンザァイー

大雨の中をビチャ、ビチャになりながら歩き
回り大満足です

某財閥が江戸時代からつい最近の昭和43、44年
まで採掘をしていたみたいです

一時は3000人ぐらいが山のてっぺんから谷底の
川まで段々畑のような社宅に住んで小さな町を
だったそうです

写真で見るとすごいですよーー
山肌にへばりつくように社宅が建っているんです
あんなとこ毎日、登り下り・・・
想像をしただけで・・ウンザリです
登校拒否&出社拒否です!!

10時ごろになるとツアー客がどんどん上がってきます
ツアー客は雨でも雪でも来てくれるので
大事なお客さんだそうです・・と
おじさんが言ってました

鉱石倉庫です・・石とレンガでできています
別子1
こんな階段を行ったり来たり・・・もたねー
別子3
鉱石倉庫の上が広場になってます
別子2
帰りはマイクロバスの後にくっついて降りたので
ラッキーでした
マイクロさん、あんがとさん

松山は44年前に高校の修学旅行で来た以来です
当時は下から歩かされたと思います

ですから、もっと大きく、広かったのを記憶しています
今はロープウエイとリフトでお気軽見学です

一つ参考に、これからはリフトが好いですよ
ロープウエイは蒸し暑く、臭いです
絶対リフトをお勧めします!!

天守閣は現存しましたが
門とか櫓は空襲とか放火で焼失したようです
天守閣と小天守
松山城1
昔は大きく見えたんですけど・・・
松山2
天守閣 やっぱ風格がりますね・・・
松山3
若いボランテイアだと思うんですけど
てきぱきと気持ちが良いですね

地域で何かに取り組んでいるのが良く
解りました
伊予柑入りのソフト・・美味しかったです
手前の黄色いのが伊予柑です
松山4
リフトとケーブル・・リフトにしましょうね??松山5
坂の上の雲で有名になられた秋山兄弟の生家です
作り建てのようです  300円です
外から丸見えですので、ソット覗いちゃいました
秋山
道後温泉に寄ってみたのですが
土曜日でメチャ混み
とても車を止めてなぁーんて事は無理です
仕方ないので車内から本館をパシャリと1枚
道後温泉
何れにしても土日の観光地は避けた方が
お得ですよ、駐車場とか色んな面でね・・
第一、混んでて動きが取れませよ

そんなことで松山は御なごり★のですが
早々に退散します

宿泊地の道の駅「ふたみ」に着いたのですが
アンテナも立たないし
駐車場が22時で閉まるとのこと???
で内子に移動をするしかなくなりました

道の駅で駐車場を制限されたのは下田に
ついで二箇所です

大洲街道に向かう峠でかかし人形を見つけました
人形の倉庫のようです
ところどころにあって気にしていたんです
人形

やっと、内子の道の駅に到着でーす
少し疲れました

そしたら内子でもアンテナ立たず・・ガックシ!!

今回の旅で悩ましいのが
アンテナですね
作戦としては午後4時ごろになったらアンテナに立つ
スーパーの駐車場とかでブログをアップを済まして
しまうんです・・・いい考えでしょー
今回のようにできないときもあるあるですけどネーー

あとはゴミの始末です
結構出るんですよ
ほっとくと車内が臭くなり
難儀します

今はコンビニさんにお世話になってます
コンビニさん有難う )^o^(

今日の予定は
内子座
臥龍山荘
多田岬(四国西端)
出来れば
宇和島城

では、行ってきまーす









2011年 6月10日 (金) 曇り時々小雨 

出発地 香川県宇多津町 「恋人の聖地うたづ臨海公園」
現在地 愛媛県新居浜市 「マイントピア別子」 
走行距離   90.0km
累計距離 2549.8km
出費 4,180円
内訳  
食費   570円
雑費 3,610円

昨夜は地元の若い衆が夜遅くまで
ワイワイ、ガヤガヤ・・参りました

朝は朝で宴の後でゴミだらけ・・どうなってるんだヨー
若気の至りで発散するのは、しょうが無いですけど
ゴミぐらいは、片づけた方が・・イインデナイノー

同じ車中泊で所沢から来ている人がいて
わざわざ、讃岐富士に登りに来たそうです
こだわりのある人は、何処にでもいるんですねー
人の事はいえねーか??

で、今、ハローズ丸亀府中店のコインランドリーで
洗濯中です
1時間ほどあるので

朝一で行った丸亀城についてアップします

現存天守閣のある城の一つです
四国は空襲にあってないので
結構お城が残ってるんですね

丸亀城は石垣のお城ですね
まず、石垣に驚かされます
三層構造の石垣で見上げるようです
天に向かってそびえ立っています
それは、見事な石垣です!!
石垣のソリは素晴らし・・
丸亀城2
一層の石垣は高くて見ごたえがあります
丸亀城1
三層なので天守閣に行のが大変!!
もの凄い急坂を登らなければなりません
最初の坂で、見返り坂と言います
丸亀城3
その次の坂・・
丸亀城4
最後の坂・・やっと天守閣です
丸亀城5
天守閣に到着でーす
苦労して登った割には小振りな天守閣でした!!
丸亀城6
でも、本物ですよ・・
最上階はメチャ狭い・・・
丸亀城7
その他の建築物も含めて見ごたえのあるお城でした
大満足です

これから”讃岐うどんを食べて
金毘羅さんに行きます

途中、風呂にも入りたいです!!

金毘羅さんは近いんですね
30分くらいで着いてしまいました

駐車場は何処に止めるか、いつも気を付けて
いるんです、料金が全然番うので・・・
大体、一周して様子を見て止めるところ
決めて居るですが!!
それでも、また失敗してしまいました

参道に一番近いよ・・と言う掛け声と500円
と言う値段にコロリと騙されました

2000円以上のお土産を買わないと500円に
ならないんです、良く解んない理屈ですよネー

勉強と言うことで諦めてお参りに出発だー

階段が大変と聞いていたので覚悟はできて
いたのですが、聞きしに勝る階段でした

本殿までは780段くらい有るらしいんですけど
ヒィーヒィーですよ
やっと終わったと思ったら
何の、何のまだ続くのです
最初はゆるゆると・・・
金毘羅1
鳥居です・・まだだなー
まだ余裕こいでます
金毘羅2
ウォ・・来たか・・
金毘羅3
何の?何のでした
まだまだ続くぬかるみぞ・・て心境です
あの屋根!!間違いない・・・
金毘羅4
大間違い、まだ最後の急こう配が残っているんですよー
金毘羅5
ここで踏ん張ばらなければ男じゃない!!
やっと本殿でに着いた
ヘロ、ヘロ・・・
金毘羅6
天気が悪く景色はほとんど見えませーん!!

湿度が高く汗ビッショリですので
お参りをそそくさと済ませ
下山の開始です

少し膝にきましたが無事に下のお土産屋さんに・・・
開口一番・・
風呂ない???

ありました、ありました
地元では一流と言われている
ホテル琴参閣の風呂で1300円のところ
割引券を貰い600円で入れました
ラッキーでした
一応、温泉で「ことひら温泉」と
言われているようです

ホテル風呂を日帰り温泉の利用しているので
タオルもバスタオル付くし、髭剃りは使いたい
放題ですし

化粧水、トニックなども使いたい放題です
普通の日帰り風呂ではありえません

1時間ほどゆっくり
休まして頂きました

マッサージ機の利用もタダです
普通は10分100円なんですけどねー

うどんは丸亀から琴平に向かう道路で
(こんぴら街道)いたるところで
小店が沢山ありました

とりあえず、今日は洗濯とお風呂がメインですので
ゆっくりできました

明日は愛媛入りの予定・・・雨かな??













 

0211年 6月 9日 (木) 晴れ 

出発地 兵庫県相生町    道の駅 「あいおい白龍城」
現在地 香川県宇多津町 道の駅 「恋人の聖地うたづ臨海公園
走行距離  181.9km
累計距離 2459.8km 
出費             3,560円
内訳
食費             1,510円
雑費             2,050円

晴れてはいるんですが
蒸し暑くなりそうな予感が??

でも雨よりは好いなー
今日は三大名園の一つ岡山の後楽園に行きます
すでに水戸の偕楽園、金沢の兼六園は見て
いますので、とりあえず三名園は鑑賞しました

三何とかは、今回見て回るつもりです

今日の問題は宿泊場所です・・・
岡山近辺には道の駅がほとんど無いんです

出たとこ勝負で出発します

岡山までは250号線か2号線が好いんですけど
山の中とか都市部を結構走るんです
せっかく瀬戸内に来たんですから
県道で海沿いを景色を見ながら
快適なドライブを楽しメました

特に相生から赤穂まではとっても
景色が良かったです
気分爽快で心ウキウキです!!
瀬戸内
カメラか腕かあるいは両方か
どちらにしても景色が上手く撮れない
海に浮かんでいる島々なんか
とっても幻想的で宝ものですよ
ピンボケ・・ すまん!!
瀬戸内3
さすが赤穂・・  大石内蔵助さんです
山科に出立するとき、ここ赤穂御崎で別れを惜しんだそうです
瀬戸内2
バイパスも使わず一般道でノンビリ走って岡山に着きました

バイパスを使うと早いんですけど
精神的に落ち着かないんですよ
皆さん80km以上の高速で走っているので
(仕事ですから、しょうが無いんですけど)

後楽園は三名園中では、一番小さいように感じましたけれど
茶畑が有ったり水田もあり、何か庶民的なような気がします
三名園の印象ですが・・・
あくまでも私の感じですと
後楽園・・・質実剛健 金がかかってなさそう?
兼六園・・・豪華絢爛 維持費がかかってそう?
偕楽園・・・何とからいらく 兎に角広い

また、後楽園は緑が綺麗でした
今は何処でもみどりが綺麗ですけど!!
殿様が庭園を見る住居だそうで
この庭園のメインだそうです
後楽園1
この座敷から見たであろう景色です
後楽園2
なぜか丹頂鶴がいました
オス1羽とメス4羽のハーレム状態ですね・・
最初からいたようです、能書書では・・
後楽園3
途中に
あのはだか祭で有名な西大寺に寄って見ました
テレビとかで見ると9000人も集まるのだから
大きく、広く思うでしょうが
行って見ると神木を取り合う本堂も庭も小さい
よくここに9000人も入るなーと
感心しますよ
本堂です・・ここに9000千人ですよ??
西大寺1
三重の塔です
西大寺2
相変わらず寄り道の癖は治りません
好奇心が我慢できない・・・・

瀬戸大橋が一番綺麗に見える鷲羽山です
鷲羽山の下から瀬戸大橋が出ているんです
ですから、上からブリッジを眺めることになるんです

少しガスっていたので鮮明には見えないんですけど
解ってもらえると嬉しいです
瀬戸大橋1
貸切状況でしたので1枚撮っちゃいました
瀬戸大橋2
予島のサービスエリアから
瀬戸大橋3
瀬戸大橋を見てたら渡りたくなり
四国に来てしまいました

今回の旅では四国、九州は入ってなかったんですけど
気まぐれ旅ですから
しょうがないですネー

一週間ぐらいで一周できると
好いんですけど、どうなる事やら??

おまけ
後楽園の隣に岡山城でしたので
チョット寄り道

やはり岡山空襲でお城は燃えたそうです
月見櫓を残して全部燃えたそうです
またもやアメリカさん ゴツン!!

天守閣も門も戦後に復興したコンクリート製です
岡山城1
唯一 残った月見櫓です
岡山城2

明日は洗濯物が増えたので
コインランドリーを探さねば・・・














 

2011年 6月 8日 (水) 快晴 

出発地 大阪府東大阪 石切温泉 「某ホテル」
現在地 兵庫県相生町 道の駅    「あいおい白龍城」
走行距離  182.9km
累計距離 2313.9km
出費             9,330円
内訳
GAS          6,910円
食費             2,120円
雑費               300円

8日振りにベッドで起床・・良く寝たなー
早速、朝ぶろに入り フウー最高・・最高
命の洗濯が出来ました

毎日、こうだと好いんですけど
そうはいけネーな!!

長野県飯田の小学生の修学旅行と同宿に
なりましたが、食事も風呂も時間をずらしたようで
見かけることはありませんでした

今日は湿度もなくスカットした天気で一日汗を
かく事はなかったです
久しぶりですね、こうゆう日は!!

名城と言われる大阪城を見に行ったんですけど
また、駐車場と入場料を取られるので
外から見るだけにしました

ここ二、三日京都、奈良で取られてばかりで
少々頭に来ていたんです

替わりと言っちゃなんですけど
アップで1枚 太閤さんごめんなさい
大阪城
あと、なんでも日本一で
東大阪で中央環状線の道路幅が122mと日本一なんですけど
場所が解らないのと、解っても車は止められそうもないので
諦めました

あと住吉大社とか見たいところは何か所か
有ったんですけど、車も多いし、事故でも起こしたら
面倒なので、早々に退散し兵庫に向かいます

兵庫にはなんでも日本一が三つありまして
まずその一つで
日本一短い国道174号線です
場所は神戸港から2号線までの間で187.1mです
国道174号
三宮側から見ました
上の高速道路の幅だけです国道は・・
国道174号2
神戸港側から見た・・
国道174号3
此処も探すのに苦労しました
でも、看板まであるのだから、見に来る人が
いるんですね・・・

もう一つの日本一は
日本で一番古い住宅です

鎌倉時代位でかなり裕福な寺侍の住居だそうで
入ってみると天井が高いのでとても、涼しく
板の間で、障子とか襖は無く、衝立を置くそうです

丈夫に作られているので、今でもがっしりしてました
箱木1
天井はむき出しで全部わらで組んであり
梁などはカンナが無かった時代で張娜で
削ったようで表面が粗々しいです
箱木3
別棟があり江戸時代の初期に付属された見たい・・
箱木2
三つ目は
余部灯台です、日本海ですので日本海を北上するときの
お楽しみでーす!!

三大夜景で有名な六甲摩耶山からの夜景を見たかった
ですけど、ホテルに泊まらないとダメなんです
これも、またの楽しみに・・・・

世界遺産の姫路城は、もう何回も見ているので
今回はパスをしました

昼飯は神戸三宮でサバ味噌定食で値段も
良かったですけど、おいしかったです

そのあと、散歩で発見しちゃいました
日本で最初の花時計を
今では市民の憩いの場所になってました
花時計
あとは一路、相生の宿泊地へ直行です

最初は2号線を走っていたんですよ
隣の高架は2号線のバイパスで有料だと
思っていたら、無料でした

加古川を渡るときに間違えて
アッ・・しまった
と乗ってしまったので、しゃないと
終点まで行ったら
なんのことは無い・・タダでした

こんな事なら早く乗ってれば良かったよ!!

甲子園がありました
2号バイパスを走っているとき
アッ甲子園と思ったらアッという間に通過
してました???

外壁がお化粧をされて、綺麗になってました
明日は岡山の予定でーす

それでは オヤスミなさーい










  


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Profile

ランキングに参加してます

旅のスタイル

サクラが咲き時をおかずに散り始め緑の新芽に眼を細める季節が近づいてきました。すぐにでも新た興奮と感動を期待して旅に出て見たいものですネ
今年も薬が増えて身体をいたわりながらの旅になりそうですけども
とりあえず、いい加減なマイルールをいくつか。
●無事故、無違反
●高速道路はできるだけ使わない
●興味ある場所は時間を気にせずできるだけ訪れる
●エアコンはできるだけ使わない
●車中泊とたまにホテルも節約に努める
●お世話になった人、友人は絶対に会いたい
●地元のおいしモノを食べたい
演歌を聞き、歌いながら、さびしがり屋なので、思い切って人と話しながらをモットーに、元気に行ってきます。

毎日が楽しければネ

いま!!何時
もうこんな時間!!

ご訪問ありがとう
コメントお待ちしていますのでワンクリックしてチョンマゲ!!

ブログパーツUL5

フェイスブックもネ・・・

Archive

Recommend

LONG 12V 26Ah 高性能 シールドバッテリー WP26-12 WP26-12
LONG 12V 26Ah 高性能 シールドバッテリー WP26-12 WP26-12 (JUGEMレビュー »)

サブバッテリーにと考えています
でも容量がもう一回り大きいのが良いかな?

Recommend

セルスター(CELLSTAR)12Vサブ・バッテリー用充電器 IS-330
セルスター(CELLSTAR)12Vサブ・バッテリー用充電器 IS-330 (JUGEMレビュー »)

サブバッテリー充電用にと考えているんですけどどうでしょうか?

Recommend

Recommend

死ぬまでに行きたい!  世界の絶景 日本編
死ぬまでに行きたい! 世界の絶景 日本編 (JUGEMレビュー »)
詩歩
まだまだ訪れていない絶景が沢山ありました

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM