2011年 6月 26日 (日) 

出発地 島根県浜田市 道の駅 「ゆうひパーク三隅」
現在地 島根県出雲市 道の駅 「キララ多伎」
走行距離  134.6km
累計距離 5361.3km
出費 5,320円
内訳
食費 1,320円
雑費 4,000円

朝から蒸暑い・・・
しかたねーよ、梅雨なんだから(自問自答)

昨夜の暑さ対策の結果を報告します
うちわは一番大きいのを買って正解でした
焼き鳥屋ようです
対策1
左は扇風機です・・単三3本で一晩でした
金額で言うと350円くらいだと思う
はたして高いか? 安い?

次にネットですが、昨夜は雨が結構降ったんです・・
雨は通ってしまい・・雨の日はNGです
これは、計算値がいでした

リアドアーはNGですが
バックドアーはワンBOX用でしたので、大きく充分に
雨の日でも使えます、少しでも風が入ると楽ですネー
対策2
バックドアーです・・・ドアーは半閉めになります
対策1
後はまた考えます・・・

今日の一発目は、母の弔いを出してもらった
坊さんのお寺に伺います

当時は大本山の内局にいたのですけど
母親の体調が良くないので、浜田市の自坊に
6年ほど前に帰郷したんです

年も私と同い年で気が合っていたんです
今回はいきなり行って驚かそうと思います

ピンポン・・・
本人がいきらり出てきちゃいました
でっかい目をさらに大きくして、合掌をして
拝まれちゃいました・・・・ブツブツ・・チーン

忙しいそうなので30分ほど話をして
別れました・・・元気そうで何よりでした!!

急がない旅なんなら、いい温泉があるから
寄ってけ・・美又温泉を紹介されたので
ちょっこっと寄り道・・・
お肌ツルツルで美人の湯で有名だそうです

確かに、ツルツルで気を付けて歩かないとスッテン
コロリンで大怪我をしちゃいます!!

町の入り口の看板・・日本一ですよ??
美又1
温泉センター・・周りのホテルは800円ですけど
ここは350円です・・安いでしょう
美又2
日曜日、なのにガラガラでした

汗の不愉快さと髭も剃り、気分爽快です・・
気持ちも新たに世界遺産の石見銀山に
いくどー・・・良い子ゴメン!!

今回で2回目なんですけど、前回は大森の街並み
とお寺を見たと思います
今回は是非、銀山の坑道を見たくてツアーに申し込み
ました

2時間30分のツアーですが、坑道は山の中腹にあるので
往復2.5kmほどの山登りになりました

半袖、短パン、スリッパの出で立ちでしたので
靴を借りて、寒さ対策(坑道の中は10℃と寒い)で
雨ガッパを着せられて
サァー出発です!!

こんな出で立ちです
石見1
ツアー客も最初は3人でしたが、2名追加で5名になりました
少な過ぎるのでガイドさんのボヤキが・・・・

みんな、大森の街並みまでは見るんですけど
実際の採掘場所までは来ないそうです

メチャクチャ真面目なガイドさんで2時間30分
しゃべり捲くりで、しっかり説明を受けてよーく解りました

ガイドさんは銀山、命でボランテアをやられているのが
伝わってきました

最初はこんな山道をガイドさんが休憩を取りながら
エッチラ・・オッチラです銀山2
右側の白い煙は坑道から出ている霧です
温度差で湧いて出ています
石見5
中は真っ暗で懐中電灯を持たされて迷子にならないように
前の人の後を、つまずかないように必死に付いていきます

大きな穴っぽこが無数にあるです、その大きな穴こそ
銀を採掘したあとのようであります
銀山3
石見銀山はその全体の95%は実態調査がされて
いないんですって???
石見6
この程度の明るさで掘っていたってんですから
驚きです
平均寿命が30歳で、その時はお祝いをするってんですから
我々では想像も付かないですよ

石見7
みんなバテバテ・・・
それでも、みんな無事に下りてこられて
バスの中でパチパチ・・
で終わりました

石見銀山の全容が解ると・・・
興味が有りますねー

予算を付けてやってチョウライ??


















 

2011年 6月 25日 (土) 日本晴れ 

出発地 山口県萩市 道の駅 「萩しーまーと」 
現在地 島根県浜田市 道の駅 「ゆうひパーク三隅」  
走行距離  152.6km
累計距離 5226.7km
出費 17,730円
内訳
GAS 6,970円
食費 1,270円
雑費 9,490円 

こん旅で一番って言うくらいのチョー・・ピーカン!!
嬉しいけど、暑くて大変だぁーよ!!

冷房は使わないと目標を立てたんですけど
撤回かも?? 
暑さに耐えきれず・・

毘沙の鼻の到達証明書を見てください
下関市長のはんこ入りです(100円)


昨夜の暑さにはトコトン参りましたので
今日はまず萩の町で暑さ対策グッズを
手に入れ無いと先へ進めません

まずは うちわと扇風機(電地対応)
それと多少は危険ではありますが窓を開けて
も虫が入って来ないネットをリアドアー用2枚と
バックドアー用1枚を手に入れないと・・・大変な
事になりそうです

ネットですと、襲われる危険があるんですけど
そんな事言ってられません

総額で1万円弱ほど掛かりましたが、止もう得ないと
思います…暑くて寝られないもん!!

お店は10時オープンなので、それまでは洗濯タイム
です・・・
それでも時間が有ったので 萩城跡を散策して見ました

駐車場400円と入園料150円で有料でした
公園なのに有料はネー???

8時頃に着いたので、店番がまだ居ないことを
幸いに、急ぎ働きでサッサと見て出てきちゃいました
とりあえず無料です!!

石垣があるくらいで、後は静かな公園ですよ
此処も明治まではお城が有ったんですねー
明治政府が解体をしちゃったんです
アァー勿体ない!!

天守閣の石垣
萩城1
萩城のシンボル・・指月山
萩城2

そろそろ、10時ですので買い出しです
経験では大型店は大体バイパスが走ってれば
間違いなくあるます

萩も例外にもれずベスト電器とホームセンターがありました
うちはと扇風機&ネットの、希望する物が手に入りました
これで、今晩はどうなるのでショー

報告は明日を、お楽しみにです・・・・

萩を離れる前に松陰神社にお参りをして旅の
安全をお願いをしようと思ってます
松下村塾です・・この狭さで90人もの門下生が講義を
受けていたそうです
松陰2
神社は露出が悪く真っ暗に・・・松陰1
浜田市まではこれと言って行きたい所も無いので

津和野、津和野ってよく言うので
行って見ることにしました

和紙で有名なんですね・・知りませんでした・・
来年が森鴎外さんの生誕150年祭で盛り上がって
いました

津和野の小京都などと言われているのは知って
いますけど、私はそのような印象は受けなかったです

家、門、塀など若干ありそうですけど・・・

それよりか、キリスト教の殉教者が36人も出ていることの
方に興味がありました

こんな感じが京都風なんですかね・・
津和野2
掘割の鯉は立派ですよ・・
鯉で売った方が好いのでは??
津和野1
素晴らしい教会です
大浦天主堂を模して造られたそうです・・
津和野3

今日、島根入りをしました
チョット、ペースが速いです

今回、山を登るつもりで準備をしてきたのですが
体調に自信が持てず、止めているんで
その分ペースが速いんかな??

一日の距離を落として、ゆっくり回ろうと
思います・・・
暑さ次第ですネー


















2011年 6月 24日 (金) 

出発地 山口県美弥市 道の駅 「おふく」
現在地 山口県萩市 道の駅 「萩しーまーと」
走行距離   98.9km
累計距離 5074.1km
出費 6,170円
内訳
食費 1,070円
雑費 5,100円

昨夜の道の駅「おふく」は車中泊が私の1台で
始めてでした。

別に道の駅の環境が悪い訳では無いと思うんですが
温泉もありトイレも綺麗ですし、夜、騒がれることも
無かったですし、たまたまですかね??

前回、雨で見ることもできなかった秋吉台に今日こそ
いくどー・・・まったくの良い天気ですので

泊まった道の駅とは12km程度しか離れて無いので
アット言う間に着きました

駐車場からホンの5分で展望塔なんですが
なんか!!嫌な予感
ワイワイ・ガヤガヤ・・うるさいんです
やっぱり修学旅行生でした

別に文句を言ってるんでは無いんですよ
彼らは彼らで忘れられない楽しい旅行をして
いるんですから・・・
当時の事を思い出したら、文句なんか言えません!!

ただ、ついて無いなー・・て感じですかね?
彼らとは秋芳洞まで一緒でした
結構う仲良しになりました・・東京の大田区の
中学生でここを見たら帰るんですって・・
気をつけて帰ってくださーい )^o^(

秋吉台はなんかイマイチ感動・・・薄でした
広さは広大なんですけど
阿蘇の草千里と比較しても、存在感は引けを
取らないんですけど・・・

カルスト台地として見たら四国カルストの方が
圧倒的に綺麗だと、私は感じます??
草が枯れてないときの方が
好いんですかネー
秋吉台1
記念写真を撮るところだけは
石灰岩があります
秋吉台2
だんだん溶けて無くなったんですかねー

平日は修学旅行生とよく一緒になります
秋芳洞まで一緒に移動です

余計なことですけど、秋芳洞に行って気が付いたんですけど
出入り口が三か所もあるんですが
車の置き場所に戻って来ないとだめ何です・・

これって、少し考えると観光客にとってはメチャ不便ですよネー?
絶対に!!

三か所に巡回バスを出すだけで、何処から入っても、出ても
言いわけですから・・・
少しは考えたら!!・・良いのでは、みなさん

そうしたらもっと来る人は増えると思いますよ・・

それとカメラ技術の未熟さを痛感させられました
洞内は暗い訳で、オートにしとくとフラッシュが炊かれて
水滴が写り込んでしまうんです
そんは訳で真面な写真がNGでした
oh・・恥ずかしー
秋芳洞1
名前は付いているんですけど
秋芳洞2
下の出入り口です
ここまで700m下がって、また元に戻るんです
何か・・可笑しいよ??
秋芳洞3
文句ばっか言ってもしょうが無いですネー

あの、空洞の巨大さには圧倒されます・・・最初に見つけた
人は肝を唾し腰を抜かしたんでは??

半袖シャツ1枚で入ったので1時間も居たら
震えがきました・・ブルブル・・さぶー

さァ一・・1回、長門に戻ります”金子みすゞ記念館”を見たかったので・・
26歳で自ら命を絶った天才童謡詩人の生きざまを
感じたくて!!

読んでて、ごく自然に心に沁み込んでくる詩だと
思います・・・
素朴で言葉の選び方が好きです

600近い作品が良く残っていたと思います
つい最近までTVCMで流れていた
馬鹿って言うと
馬鹿って言う
原書を見ました
なんか感動しました

死の前の日に撮った写真のようです
美しいですね・・
金子みすゞ2
例のCMです
金子みすゞ1
2枚目
金子みすゞ
感動しすぎてしまい、CDと詩集を
買うてしまいまして・・こん旅で
読む余裕があると好いんですが??

ここは寄るところが多くて前に進みません!!
好いんです・・納得するまでとどまってて・・・

最後はなんでも日本一の”笠山”です
日本一低い火山です 112mしかありません

火口の深さと直径がともに30mと言われて
います

萩城の反対側の岬の突端に海抜60mほどの
山です、今は公園になっています

現在は火口が崩れて一部、立ち入り禁止に
なっています・・・残念です
笠山1
囲いの向こうが火口璧です、手前の右側に崩れて
土砂で埋まったところです

今日は、回るところが多かったですけど、みんな
近場で時間に余裕があったので
萩温泉「ふくの湯」に入って、くそ暑い汗を流して
さっぱりしました、32℃もあったんです

これから先、思いやられるナァー・・・・暑さに!!


















 

2011年 6月23日 (水) 晴れ 

出発地 山口県長府市 asakaze32さん宅 ※ご好意で泊めてもらいました
現在地 山口県美袮市 道の駅 「おふく」
走行距離  139.4km
累計距離 4975.2km
出費 3,250円
内訳
食費 1,550円
雑費 1,700円

昨夜はasakaze32さんの好意で泊めてもらった
上に一杯御馳走になり、有難うございました
始めての経験でご迷惑をお掛けしたかも
しれません、ご容赦ください

玄関前で記念写真をパチリ
さわさか

asakaze32さんの、山口に来たら巌流島にいかなー
と言うことで朝一で、教えられた火の山に行ったのですが
良く解らず、ジョギングのご夫婦に聞いたら
唐戸への道中を丁寧に教えてくれましたので
フェリー乗り場に何とか到着しました

9時15分が始発なので1時間以上
下関港を散策してました

朝から汗だくで今日の暑さぶりを象徴して・・
汗びっしょりですよ

始発船が入港してきました
巌流島・・往復400円を自販機で購入して
桟橋へと・・・何を勘違いをしたのか買った切符は
門司いきで・・NGです

買い替えでまたチケット売り場までバタバタ戻り
桟橋までやっと戻ってきたら
乗ったのは!! 一人だけ
バッカ見たい!!

7分で巌流島に到着〜〜
巌流島1
説明書を見ながらゆっくり回って40分くらい
掛かりますか??

取説によると撲殺なんですね・・
なんか小次郎さんビイキを感じました
巌流島2
帰るころは20人ぐらいになっていましたよ
門司からも来るんですね!!

asakaze32さんの推薦は下関から渡り門司に行くルートでしたが
私は車の関係で下関に戻ってきました

JR下関駅の観光協会で昨日到着した毘沙の鼻の
到着証明書をやっと手に入れました

お昼チョット前でしたので、折角ここまで来たのだから
関門トンネルを渡り門司で名物の焼きカリーを
食べることを思いついちゃいました
とりあえず九州まで来たこととして??
九州で最初に見たもの・・トンネルを出たとこ・・・
門司1
かの、レトロ風で有名な門司港駅です
門司2
昼の12時ごろなのにだーれも居ません
何処に行ってしまったんだろう??

駅の構内もレトロ風で案内文字も昔風でした
門司5
切符売り場です
門司3
門司名物の焼きカリーです
表面にチーズが乗っていて、そのチーズを焼き固めているんでした
門司4
さァー 大急ぎで下関に戻らねば!!

asakaze32さんからも進められていた角島に行かねば
良く調べたら、角島灯台は参観灯台なんですよ

角島大橋が素晴らしと聞いてはいたんですが
評判通りの橋でした
見栄えがすっごく好いです
角島灯台2
曲線美の橋ですよ
これだけでも売り物になっていました
観光ツアーのバスが平日だというのに
何台も来ていました
年配者ですので灯台には上がれません!!

角島灯台は外壁が花崗岩でできていますので
美しい灯台だと思います
高さも3番目ですので
二枚目てェー感じです??
角島灯台1
この角度の灯台がなぜか好いと思っているんです
勝手に??
角島灯台3

そうそう、門司には食事を入れて1時間くらい
居ましたかネー
それでも九州上陸です

まー大した意味はないですけど・・・







 

2011年 6月22日 (水) 曇りのち晴れ 

出発地 山口県岩国市 錦帯橋の駐車場
現在地 山口県下関市 道の駅 「きくがわ」 改め「asakaze32」
走行距離  208.1km
累計距離 4835.8km
出費 10,180円
内訳
GAS 7,400円
食費 1,780円 
雑費 1,000円

昨夜は錦帯橋の駐車場に無断宿泊をしちゃいました
朝まで、特に何も無かったんですけど

錦帯橋が掛かる川の河川敷が駐車場になっている
ので、夜の8時頃から高校生か中学生と思しき若者が

例の調子でシュルシュル・・パンパン・・
花火ですよ
参りました、文句も言えないし車のカーテン越しの
覗き見るのが精いっぱいでっす

寝る時間にはまではやられなかったので
ラッキーと思えば・・・ネェー

ただ、昨夜は蒸暑かったので
窓を開けられず締切でしたので
そっちの方がシンドイです

それと、岩国城と錦帯橋は夜、ライトアップするんですネー
何時までかは解りませんですけど??

今日は瑠璃光寺の五重の塔を見に行きます
法隆寺と醍醐寺に引き続き、三大五重の塔の最後の
塔です

瑠璃光寺は毛利さんの前の守護大名で
コッチでは毛利さんより大内文化影響がが色濃く
残っています

この五重の塔の屋根は檜皮葺で、建物に色彩が
無いので落ち着いて見ることができます

また、一層目の軒下を高く、2層目からの上の軒下を
短く取ってあるので軽快でスマートの見えます
瑠璃光寺1
どうですか?幾学的でしょ・・・
瑠璃光2
此処のお寺はお線香の香りがとってもいいです
きっと高いお線香なんだと思います
観光寺でなくちゃんとお寺として
お勤めをしているんだと思います

やっと願いが、かない大満足です
本当は2回目なんです
前回は大雨で車から出ることさえ出来なかったんです
瑠璃光3
この角度が好きです・・どうですか

まだ雨も小降りですけど降ってるし
予定では秋吉台に行くんですけど
17km程なので・・・

でも、天気が悪いと行ってもシャァーネーカと
迷った末に、萩から行くことにしました

替わりの本州の最西端 毘沙の鼻 に直行します
周防にも寄りたいんですけど
景色以外にこれと言って、申し訳ないんですけど
無いんですよ!!

瑠璃光寺から出た信号に「雪舟の庭園」の案内表式
が出ていたんで寄って見ました・・悪いクセがまた・・

晩年の雪舟の庵で終末もここで迎えたらしいです
雪水1
石の庭園ですかねー
庭園の奥から建物を見たとき・・
雪水2
もう少し中に入って撮りたかたっんですけど
これ以上は入れませんでした・・・少し残念・・

もう一か所ついでに寄り道に付き合って??
湯田温泉の名品、知る人ぞ知る??
「とうふ工房大豆畑」知ってます?
有名ですよ・・脱サラしたオヤジが始めた
豆腐屋です

今回は旅の途中ですので豆乳、ゆず豆腐、お揚げさん
を食きました
大豆1
豆乳と名物のお揚げさんです・・
お揚げさんは少し火で炙って食べるとより一層
美味しくなります

なーんで豆腐か??ですが
やっぱ美味かったです

サァー毘沙の鼻に行かなくては・・・

下関から日本海にチョット回ったところが 毘沙の鼻 に
なります

事前にコメントで着いても、少しがっかりするかも???
と言われてたですが
ガッカリはしなかったですけど
アット! 言うまに着いてしました
毘沙1
チョット、カメラアングルが良くないのでもう1枚
変なのが居ますが気にしないでチョ!!
毘沙
毘沙の鼻の目の前の島は、万葉にも歌われた島だそうです

来る人が多くなったみたいで駐車場も整備され
公園みたいに整備されて見晴台も出来ていました
駐車場から歩いて5分ぐらいで
先端の見晴台です
毘沙3
見晴台への道です
簡単に行けすぎかな??

明日、下関観光協会に行って最西端に到着証明書を
貰いに行ってきます
ちなみに100円です

道の駅「きくがわ」でブログのアップとか食事えを
して一服してたら

長府の在住のasakaze32さんが、「きくがわ」まで
ワザワザ迎えに来てくれて

本日はasakaze32さんさん宅にお泊りです
手料理を頂きながら久ぶりに
楽しいお酒でした

有難うございます
これからも旅を続けますので
ヨロシクです

明日はasakaze32さんの見どころルートを
回ってきます

ほんの少しだけ九州に入ります??













 





2011年 6月21日 (火) 曇りのち快晴 

出発地 広島県東広島 某ホテル
現在地 山口県岩国市 錦帯橋の駐車場(無断ですいません) 
走行距離   87.9km 
累計距離 4627.7km
出費 11,110円
内訳
食費 3,190円
雑費 7,920円

昨日から今日の宿泊地を何処にするか悩んでいます
山口市まで道の駅が無いんです!!

今日、見るところにより戻るか、先に進むか・・何です
最後がおそらく三大名橋・奇橋の錦帯橋になりそうなので
困った・・先には進みたいし!!
かと言って見たいところを端折っちゃうのも嫌だし
困ったなー

今、朝の洗濯中です!!
1時間ほど時間がありますので
つらつら、思いつくまま書いています

旅に出たころは夜が薄ら寒く薄いジャンパーと
厚手のベストを持って出たんですけど、今は必要が
無いので仕舞ってあるんです

今、洗濯中に思い出し一緒に洗っちゃおうと思い
付いたのですが、一度動き出すと途中では蓋が
開かないようになってるんですネー・・・知りませんでした
アァー勿体ない事をしました
また、700円くらいの洗濯代が掛かるんですヨー

洗濯も済みましたので、原爆ドームへ直行します
ドームは3回目なんですけど、いつも宮島とか
錦帯橋に時間を取られじっくり見ることが無かった
ので、今回はちゃんと戦争とか原爆とかに向き会をう
と思います

おそらく広島に来るのも最後にだと思うので!!

今回、初めて原爆ドームの前まできました
建物は傷みが酷く何回も補修がされてる後を
伺い見ることが出来ました
年々・・風化しても、原爆の恐ろしさは忘れては
いけないと思います

何枚も撮った内で一番気に入った1枚です

原爆が投下されたあと、10棟ぐらい残った建物のうちの1棟です

丹下健三さんが設計した資料館とアーチと原爆ドームは
1本の線で繋がっているですよ・・
原爆2
撮ってる方の後ろが資料館です

初めて資料館に入りました
原爆が投下された瞬間・・その直後
地獄ですね、涙が止まりませんでした

そして何年にも渡る耐え難い、後遺症の辛さ・・
自分とか家族とかに置き換えると、とても
耐え難い・・思いをします

二歳で被爆をして、10年後に白血病が発症して
8か月の戦いの末、12歳で亡くなられたお嬢さん

そのお嬢さんをモデルにした
原爆の子の像です
原爆3
今では待ち合わせの場所とか
小中学校の課外授業と言うのか
あるいは遠足と言うのか

今日も平日だと言うのに沢山の子供たちが
この像の前から平和公園にある、施設に
出発していきました

初めて時間をかけて半日を、ゆっくり見学ができて
良かったです・・・

二度と戦をしてはダメです・・絶対に

宮島に行こうと思うんですが・・
3回目だしなー気分が乗りません

厳島神社も、もういいか!! 感じだし
錦帯橋へ行く途中ですので
とりあえず表敬訪問をしてきました

出来れば弥山に登ろうと思ったんですが
それこそ時間でNGでした
フェリーでは渡ったんですよ・・とりあえず!!
でも、入場料は勿体ないので
外から写真を撮りましたので・・
宮島1
神社は何か工事中でした
宮島2
後は例によって鹿さんです
全然、動じません・・立派なもんだ!!
宮島3
30分ぐらいで引き揚げて、錦帯橋に向かいます

錦帯橋は何回来てもいいですよ・・・
何故ですかね!!

自分でも解んないんですけど
人が少ないせいですかアー・・

宮島に比べると観光客は圧倒的に少ないです
それで、落ち着くもかも??
錦帯橋2
岩国城の天守閣からの1枚です
良く、撮れてますよねー
チョイボケですかね??

岩国城です・・昭和の作で・・コンクリート製です
本来の石垣の上に作ったら下から見えないので
前に出してあります・・なんか可笑しくねー
錦帯橋3
このお城の後ろに本来の石垣がありました
錦帯橋4
しろ蛇の館の前で
余りの暑さににふて寝のネコちゃん
錦帯橋5

これで、本日の予定は終わるですけど
これからどこの道の駅に行っても40km以上あるので

今日は、とぼけて錦帯橋の駐車場に
泊めさせていただきまーす・・

クレームが付きませんように???
ただ、祈るばかりです・・















 

2011年 6月20日 (月) 雨のち曇り時々雨 

出発地 広島県尾道市 道の駅 「クロスワードみつぎ」
現在地 広島県東広島市 某ホテル 
走行距離  155.1km
累計距離 4539.8km
出費 3,590円
内訳
食費   970円
雑費 2,620円

昨日から広島入りです
これからは道の駅が少なくなりますので
宿泊地を決めるのに苦労しそうです

それと無線ランのアンテナ立たなくなるのが
多くなりそうです
今から先の事を心配してもしょうが無いのにねー
A型なんですヨー

昨日の宿泊地はアンテナが立た無かったので
立つところを探すのに、いつもより早めに移動を
開始しました

10分、20分走るだけで立つ時と
1時間、走ってもダメな時と本当に
悩ましいアンテナです!!

8時頃にブログのアップも終わりました
そしたら雨も小雨になってきたので
とりあえず、尾道の千光寺に向かいます

雨も上がった頃に千光寺に着いたんですけど
事前の調べ方が悪かったようで千光寺の
イメージが全然違い興味が半減しちゃいました

小山のような千光寺公園があり、下と頂上の展望台とは
ケーブルカーで簡単に登れて景色を見るには好いんですけど

カーナビの奴が公園の駐車場を選んでしまい
何を見に行くのにも、すっげえー坂を下りたり
上がったりで苦労しましたよ!!

千光寺は公園からかなり下ったところにあり
見に行くだけでも大変でした・・・
ケーブルカーが目に前を通過していきました
アァ、アァ・・・

岩の中に埋め込まれたお寺でほとんど岩屋です
写真だけでも・・・どうぞ?
千光寺1
本堂です
千光寺
あんまり、気にならないので
早々と退散しちゃいます

西の日光・・・耕三寺!!
予定には入ってなかったんですけど
誰かに進められて、心が動き行って見ました

本四連絡橋でまだ渡ってない”しまなみ海道”の
有料道路をで生口島の瀬戸田に向かったんですが

しまなみ海道は自分が乗った生口島までだけですけど
(今治までは解りませううよ)橋を除き対面1車線でそこを
時速100km位ですっ飛ばして走っているんですよー

地元の人は慣れてるとはいえ、怖くないんですかねー
境に何もないので、すぐわきを前からビューンと
飛んで来るんですよ100kmで・・私はとても・・とても

因島大橋です
因島は二つ有るんですね
一つだけだと思ってました
因島大橋
小さな島ですので15分も走ったら瀬戸田の
耕三寺に着きました

入り口から、何??これすっげーな
って感じですかね!

昭和に入って、これだけの建物を良く作った
と思います

個人で作ったわけですから、相当な費用が掛かって
いるんじゃないですか?
だって拝観費が1200円ですもん!!

今までに見た神社、仏閣では一番高いと思います
耕三寺2
日光東照宮の陽明門を模した門です
耕三寺3
極色彩で綺麗ですよ!!
五重の塔もあります
室生寺の五重の塔を模したと書いてありました

その他、大阪の四天王寺さんとか歴史のある建物を
模した建物が沢山ありました

大久野島に渡らなくては、ならないので尾道まで
あの怖い有料道路を通って戻ります

大久野島に渡るフェリーが出ている忠海まで
行く街道の港、みなで瀬戸内との連絡船が
バスのように出ているんですね

耕三寺の瀬戸田にも、須波と言う港から連絡船が
出ていました、

大久野島、別名「ウサギ島」はよく見るブログに
のっていて、行って見たいな思っていたので
今回、希望がかないましたので
とっても嬉しいです

大久野島はウサギだけでなく、温泉もあるんですよ
400円で良心的です
もちろん!!一人占めです

戦時中は毒ガス製造島で地図からも消されていたんですが
今では休暇村としてまたはウサギ島として、憩いの島に
変わっています
大久野島の全景・・周囲4kmだそうです
大久野島
可愛い・・ウサギが山盛りです
こんなにモテた事は過去に一回も無いですヨー
エサのお蔭で・・回りはウサギだらけでーす!!
大久野島3
俺に何を訴えているんだろー
もちろん・・エサです
ウサギ1
子ウサギも沢山いました
ウサギ2
お腹も一杯でひと眠り・・・です
ウサギ3
エサを持っている人を見つけては
アッチへぴょん、コッチへぴょん
見てて飽きないです
大久野島1
今日は前半が何となく、イマイチでしたが

最後にエヘヘでした
可愛いですヨー

瀬戸内は倉敷〜鞆の浦から尾道までに点在する
島々の景観が最高でした
瀬戸内
チョイボケですいません!!

















 

2011年 6月19日 (日) 晴れ 

出発地 兵庫県相生市 道の駅 「あいおい白龍城」
現在地 広島県尾道市 道の駅 「クロスワードみつぎ」
走行距離  201.7km
累計距離 4384。7km
出費 8,340円
内訳
GAS 5,790円
食費 1,950円
雑費   600円

久しぶりに、湿気もなく清々しい朝です
こうゆう日が続く事を祈ります・・6月じゃー
無理ですね!!

今日は現存天守閣のあるお城をまず
見に行きます

備中松山城です、たどり着くのに大変なお城です
ここから100km以上あるし、岡山市内には
道の駅が無いので、広島まで走らなければならない
長丁場になりそうです??

とりあえずメールを確認してから出かけようと
思い開いたら、コメントで「閑谷学校」も良いですよと
情報が入ったので、何処か地図を見たらお城に行く
途中なんですよ、すぐさま予定変更です・・得意ですから!

意外と近く8時に着いてしまい、開園が9時ですので
周辺にも見るところが点在しているので散策しながら
見て回ったんですが・・

閑谷は自然が豊かで心も落ち着きますね
深山幽谷とはこうゆう自然の事を言うのだと思う
池田の殿様がここを人間を育てるのに最高の
環境にあると見たのは、凡人の自分にも
ホンの少しだけれども解るような気がします

今日は閑谷学校で論語を読む会があるようで
人が集まってきました、今でも学校として機能し
ているようです

現存している建物は神社、孔子廟と学校施設の
講堂(勉強するところ)食堂などで規模も小さい
ですが補修等はしていないそうです
講堂です・・気持ちがシャンとする雰囲気があります
閑谷1
講堂の内部で床はピッカ、ピカです
閑谷5
私が一番気に行ったのは学校を囲んでいる石垣です
見ことはない石垣です、何時までも撫でて居たくなるような
石垣です・・曲面がしごく綺麗です
閑谷2
時間も忘れて見てしまいましたよ・・

奥にある資料館も明治の建物で現役で活躍していました
特にガラスが当時のままなので歪んでいるんです
これはめったにお目にかかれませんよ

学校をなぜ石垣で囲んでいるのか聞いたら文献が
無いので解らないそうです

コメント情報を頂き有難うございます

さァー次に行かないと、何しろ遠い備中松山は!!
道のりは遠いですが高原ルートなので気持ちの
良いドライブになりました・・

途中の吉備中央でお昼になり、久しぶりに自炊を
しました、お湯を沸かすだけですけど・・エヘヘ

友人から差し入れをして貰った鯛ソーメンです
これがインスタントの割には美味しい
昼飯1
天気が良かったのでいい気持ち・・・
昼飯3
サァー腹ごしらえも出来たし、キツイ城登りに挑戦だァー

備中松山城へは平日だと上の駐車場まで行けるんですが
土日祭日は下の駐車場からシャトルバスで向かいます

噂のごとく20.30分はマッタクの登山です
それも階段が多く疲れます
でも、マイペースでゆっくり登ればだれでも上がれると思うヨー

やっと到着です
苦労した分だけ感激もひとしおです
二層と小さいけれどバランスのいい天守閣ですよ・・
でも!!良くマァーこんな高い山の上に建てたもんだよ!!
おかげで取り壊しの災難に合わずに済んだんでしょー
備中松山1
結構、立派な石垣です

備中松山2
でも、崩壊が進み対策が大変見たいです

近世まで残った数少ない土塀だそうです
備中松山3
このお城の印象は本当に山城ですね
日常生活はできますせん・・無理です!!
当時の人はしていたって言うんですから
驚き・・桃の木??

これから宿泊地の尾道までひとっ走りです!!

そうそう、おまけを一つ・・
閑谷で、こんなの・・でも食べました
結果は味のとうりでした
まァ、好き嫌いですね??
閑谷
わさび醤油にしました・・そのとうりです!
閑谷8

尾道の千光寺に行ってきまーす!!

2011年 6月18日 (土) 曇り 

出発地 徳島県鳴門市 道の駅 「第九の里」
現在地 兵庫県相生市 道の駅 「あいおい白龍城」 2回目
走行距離  236.0km
累計距離 4183.0km
出費 円
内訳 1,910円
食費 1,410円
雑費   500円

昨夜は少し蒸し暑かったので、ベンチで涼んで
いたら若いお遍路さんも出てきて
世間話をしたんですけど、そのお遍路さんは
東京から歩いて53日かかって四国まで来たそうです

何が・・そこまでさせたのか見たいな話になったんですが
本人はとても楽しく旅をしてきたみたいで
色んな人々にお世話になり、感謝をしながら
ここまで来たみたいな話をしていました

立ち入った話は重たくなるので控えたんですけど
難行苦行にトライができるのも若いうちだなー
と思いました!!

朝、元気よく出立していきました
再開の約束を誓い?

歩いて日本一周に挑戦をしているようなので
また、どこかで会うかも??

今日は30年来の友人と会うので兵庫に
戻ります
心、ワクワク、そわそわです

四国を離れるのは後ろ髪を引かれる思いですが
今、会っとかないと今度いつ会えるか解りません

今回の旅で2回目の有料道路です
一回目は四国に渡るときに瀬戸大橋と
今回の大鳴門橋・明石海峡橋になります

これで、残りはしまなみ海道だけです
大三島の西の東照宮と大久野島のウサギを見に
行きたいので、何れは渡ろうと思います

友人との昼食は一時間程度でしたが
本当に、本当に懐かしく
お互い20代のころで、やんちゃの盛りを
色んな遊びに熱中してい時です

仕事のもメチャメチャ熟したし、すべてに体当たりの
時で、そう簡単に忘れるものではない事を確認でき
お互い短い時間ではあったのですが
懐かしい時間を共有出来て嬉しかったでした

今回の宝塚入りは旅程に時間と距離に大きなロスを
生じましたが、会えたことを考えると無に等しいと
思います

また、近いうちに九州の旅も予定しているので
その時は一杯飲むことを約して別れました
友よそれまで元気でいてくれ!!

一週間前は時間の都合で姫路城をパスしたので
今回、寄ってきました

そしたら、保存工事中で天守閣はシートに隠れて
見えませんでした

折角なんで、天守閣は工事中でも登れるので
見てきましたが、仮設だらけで足元がよくない

3年後には工事が終わるのでまた
こよっと・・・

こんな感じです
姫路2
二の丸、三の丸その他の櫓は見ることができます
工事シートは良くできているけど
やっぱ、完成後に、もう一回来ようと思います
姫路3
明日は前回に見落とした
備中松山城を見に行きます








 

2011年 6月17日 (金) 曇りのち晴れ 

出発地 香川県さぬき市 道の駅 「津田の松原」
現在地 徳島県鳴門市 道の駅 「第九の里」
走行距離 127.4km
累計距離 3947.0km
出費 9,710円
内訳
GAS 5,320円
食費 1,080円
雑費 3,310円

昨夜は「津田の松原」に暗くなって着いたので
周りの状況が解らなかったんですけど
朝、起きたら素晴らしいロケーションに驚きました

規模は小さいながらも駐車場の裏には綺麗な
松林と砂浜が一面に広がり大きな松にはそれぞれに
名前が付いていて大事にされてされているのが良く解ります

海に面して神社が建っていて、朝の散歩の人たちが
必ずお参りをして柏手を叩く音が海に響き
心地良いです
津田の松原
さぁー今日は最後に残った四国最北端の竹居岬に行きます
竹居観音岬と言う言う人もいますが
お寺とは関係が無いと思うので、あえて竹居岬と呼びます

今までの三つの岬は、岬と言うくらいですので
陸と海の境目で人里離れた所まで行くのですが
この岬は県道から少し下った場所で人家も10家ぐらい
あり、朝に着いたので「おはよう」言われちゃいました(爆)

そんなことであっけない到着になってしまいました
撮影用の記念碑がちゃんとありました
竹居岬1
でも、小さな浜があり晴れていれば目の前に小豆島が見えて
最高だと思います
今日の天気だと霞んでほんの少しか小豆島は見えませんでした
竹居岬2
傍に竹居観音寺と言うお寺があり四国八十八か所ではないみたいですが
それなりの霊場のようなので、奥の岩屋に旅の無時を祈ってきましたよー
岩屋1
お坊さんが朝のお勤めで勤行をしていました
岩屋に行く危なっかしいそうな
渡り廊下みたいな通路です
岩屋2
これで四国の端っこを全部回わりました
佐田岬は仮到着と言う事で・・・
何れ、最挑戦はしますけれど
それまでは仮到着と言うことで・・ご勘弁を??

時間があったので、修学旅行で行った屋島に行って
見ました、屋島の有料道路はまだ料金を取ってました
いい加減、経費は回収したんでないの??
値段的には610円と良心的ではあるけど
無料にすればもっとお客さんも来ると思うよ!!

屋島は記憶に残っている風景は全然なく
宿泊した思い出のホテルは潰れて廃墟になって、寂しィー・・・
当時は18歳で若気の至りで、今でも言えない事が
このホテルにはあるんです
でも、楽しかったなー

屋島の合戦で有名な対岸の五剣山にも
登って見たのですが、お寺しかなく
反対側からケーブルでお遍路さんが団体で
ワンサカ、ワンサ(レナーウン娘が)登ってきたました
古くネーノ・・・

屋島の登り口に「四国村」と言う、なにパークて
言うんですかねー
いわゆる、四国で18世紀ぐらいの古民家を移築して
来て展示をしているんですねー
香川は白砂糖作りが昔から発達してたんですね
砂糖を作る小屋です・・なぜか真ん丸です
砂糖小屋
農家あり漁師ありと庄屋もありで
山の斜面に移築しているので結構
上がったり下りたりで運動には良かったです

かずら橋もミニチユア版があり
行かなくても体験ができるようになってます
かずら橋
大久野島の明治時代の灯台もありました
ウサギ島有名なので今回、大三島〜渡ろうと
思ってたんですけど・・・
大久野島
四国村で丁度、お昼でしたので地元ではそこそこ有名な
うどん屋「わらや」でうどんを食べたのですが

何種類かメニューがある中で
釜揚げうどんを注文したんですけど
このメニューだけ「中ジャンボ」で大は無いんです

他のは普通と大なんですけど

釜揚げだけ普通と中ジャンボねんですね・・
中ジャンボと大はど違うんでショー
聞いてみれば良かったですよね!!
気が小さくて聞けませんでした
味はメチャクチャ美味です
つけ汁が上手いんでしょ・・きっと!

中ジャンボの釜揚げうどんふです
量はあります・・腹がはち切れそうです!!
うどん
折角、屋島まで来たので、高松まで足を延ばし栗林公園に
寄ったんですけど、相変わらず駐車場が高いねー

でも、さすがに名園で見る価値はありますよ!!
時期的にはあやめが咲き誇っていました
岡山の後楽園もあやめでした・・時期なんですねー
あやめ
明日は兵庫に渡りますので、また徳島に戻ります
四国はこれで最後の夜になりますが

予定をしていた
・四国の四端
・現存天守閣のある城 4城
・なんでも日本一2か所
(一か所は小豆島で一番狭い海峡は次回の楽しみと言うことでお預け)
一か所を除き回れましたので・・

ほぼ、満足はしていますけど??
でも、また来たいですネー
もっと時間をかけて回りたい・・・今度は

四国さん またきまーす・・・

 



  


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Profile

ランキングに参加してます

旅のスタイル

サクラが咲き時をおかずに散り始め緑の新芽に眼を細める季節が近づいてきました。すぐにでも新た興奮と感動を期待して旅に出て見たいものですネ
今年も薬が増えて身体をいたわりながらの旅になりそうですけども
とりあえず、いい加減なマイルールをいくつか。
●無事故、無違反
●高速道路はできるだけ使わない
●興味ある場所は時間を気にせずできるだけ訪れる
●エアコンはできるだけ使わない
●車中泊とたまにホテルも節約に努める
●お世話になった人、友人は絶対に会いたい
●地元のおいしモノを食べたい
演歌を聞き、歌いながら、さびしがり屋なので、思い切って人と話しながらをモットーに、元気に行ってきます。

毎日が楽しければネ

いま!!何時
もうこんな時間!!

ご訪問ありがとう
コメントお待ちしていますのでワンクリックしてチョンマゲ!!

ブログパーツUL5

フェイスブックもネ・・・

Archive

Recommend

LONG 12V 26Ah 高性能 シールドバッテリー WP26-12 WP26-12
LONG 12V 26Ah 高性能 シールドバッテリー WP26-12 WP26-12 (JUGEMレビュー »)

サブバッテリーにと考えています
でも容量がもう一回り大きいのが良いかな?

Recommend

セルスター(CELLSTAR)12Vサブ・バッテリー用充電器 IS-330
セルスター(CELLSTAR)12Vサブ・バッテリー用充電器 IS-330 (JUGEMレビュー »)

サブバッテリー充電用にと考えているんですけどどうでしょうか?

Recommend

Recommend

死ぬまでに行きたい!  世界の絶景 日本編
死ぬまでに行きたい! 世界の絶景 日本編 (JUGEMレビュー »)
詩歩
まだまだ訪れていない絶景が沢山ありました

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM