2012年 7月  5日 (木)    曇り 時々 晴れ

 

出発地 北海道留萌郡小平町   道の駅「おびら鰊番屋」

現在地 北海道稚内市声問      道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場

 

累計距離  25.120.3km

走行距離     180.1km

出費         7,180円

GAS             0円

食費         1,020円

雑費         1,160円

 

昨日、温泉に入って湯船で運動をしたせいか朝起きたときに腰の痛みが少し薄らいだ

みたいで、なんとなく嬉しくてニタリ・・・何だか分からないけど行けそう

 

今日もオロロンロードを稚内まで北上していきます

見ようと思えばなんかあると思いますが、ひたすら走り続けこんな景色ばかりだけど

見ててぜんぜん飽きないいんです・・・自分は可笑しいのかな?

 

眠たくもならないの!

車の窓を全開にして大声でサブちゃんの「風雪ながれ旅」を

留萌、滝川、わっかぁーなぁーい♪♪

 

左はいつも海でこんな花が一面に咲いているんです

ハマナスあったような?
 

右は牧草地でこんな景色がズーット・・ズット続いて・・・癒されます

ホットする風景でしょ
 

牧草のビニール巻き・・・ヘイ一丁

意外と大きいでしょ
 

この牧草蒔きはどうやって作るんだろー

作っているのを1回見てみたいと思っていたら草の粉砕機みたいのが

草をかき回していたの・・・

楽しそうです!

想像ですけどおそらく、この柔らかくした牧草を何かで固めて巻いていくんだと

かってに思っています

こんな機械でね・・・

ムカデみたいに見えない?
 

いつの間にかサロベツ原野に入っていて風景もほとんど変わりがなくて

道はこんなに長いです・・・これこそ直線のイメージだよネ



風力発電の風車がオンパーレードで30台はあるんじゃないかしら


 

オロロンロードもサロベツ原野の終わりとともに3時間余りのドライブの終わりを告げて

いよいよ稚内に到着です・・・あっという間の3時間でした!

まず、ノシャップ岬と稚内灯台に寄り道をして到着のご挨拶と仁義を切ってきました



このツートンカラーは遠くからでもすぐに灯台って判りましたよ!
行って見ると余りにも漁港のそばで隣は水族館があるんで感激もイマイチかな?
 


ここにも証明書を200円で売っていました・・・思わずかちゃった
豪華で360円でした 


でもって稚内に入ったんですけど・・

そしたら夏祭りの初日で道路が縁日の屋台で封鎖されて稚内駅に行けない

困ったぞー

タクシーの運ちゃんに聞いて何とか日本最北端の駅「稚内」につきました

去年、道の駅とJRの駅が合体して新しい駅舎になって似合いと言っては失礼かも?

立派な近代的な建物に変―身しちゃってます

以前はここが最後でした

この先にまだ1駅あったんだそうです
 

記念の証明書とキップをゲット!!

切符は1枚で良いのにネ
 

折角ですので縁日の屋台を一回りしてきます

物凄く盛大で屋台の数も半端じゃないですよ、だって稚内のメインストリートを歩行者天国に

しているんですから

 

漁師街らしく鳥羽一郎の「兄弟船」を大音量でガンガン流して盛り上げていますねー

懐かしいスマートボール

大人がシャカリキなってやっています

やりてなー
 

射的


 

子供だけだァー・・・何だろー


 

女の子はちょっと大きいと浴衣を着てチャっこいのは甚平みたいな浴衣みたいなの・・・


 

東京っこには羨ましいですよ

子供のころは同じようなお祭りが東京でもあったんですけどね、いつの間にかすたれて

隣は誰だか分からない町になってしまってます・・・悲しいです

綿あめ、金魚すくい、ソースせんべいの匂いが忘れられません

 

そんな状況ですので道の駅の駐車場は満車で止めることが出来ないんです

そこで活躍したのが函館で手に入れた「北海道オートキャンプ場ガイブック」ですよ

ありました、ありました・・・稚内から15分位のオートキャンプ場が!!

 

キャンプ場にお世話になるのは二回目なんですけど、カルチャーショックを受けるほど

素晴らしい道立のキャンプ場です

車の後ろはテントが張れる芝生があって炊事場とお手洗いが目のまです


 

キャンパーズハウスが公園の中心にあるんです
中もとっても綺麗です

中には無料のシャワーとか


 

コインランドリーもあって、もちろん休憩室もあります


 

22時までだったら、このプリペードカードで自由に出入りが出来ます


 

お年寄りがゲートボールならぬパークゴルフをやったいました
面白そうでやりたくなってしまいましたよ
ゴルフと同じみたい

こんなキャンプ場だった何回でもお世話になりたいです

なんてったって500円ですから

そこで今日の夕食はニセコで貰ったお米を炊いてカレーにします

美味しく炊けました・・・メッコではありませんよ


初めての自炊らしい自炊になりそうで

礼文、利尻の練習みたいでしょ・・・何かワクワクしています

 

遅れましたけど明日の10時50分のフェリーで礼文に渡ります

ですからしばらくの間はブログがアップできないと思います
けっして世を儚んで行方不明なった訳ではりませんので心配しないでチョンマゲ!! 

 

今日の移動ルート

 
大きな地図で見る

2012年 7月  4日 (水)    晴れ

 

出発地 北海道三笠市岡山    道の駅「三笠」

現在地 北海道留萌郡小平町   道の駅「おびら鰊番屋」

 

累計距離  24.940.2km

走行距離     190.9km

出費         7,180円

GAS         6,017円

食費         1,340円

雑費         1,530円

 

地元の人の話ですと今年の北海道は雨が少ないんですって

道北の方は水不足らしいです

 

今日は北海道に入って7日目です

まず、驚いたのは自動車のスピード感覚です

北海道は自動車事故が一番多いって聞いていましたけど、そうだろうなって

うなずけますよ!!

 

後ろに車がいなければ、何時も60kmぐらいで走っているんですゆったりして精神的に

楽なもんで・・・

でもミラーに車が写るとスピードを少し上げて70kmぐらいで走るんですけど・・

ところがアット言う間に追いつかれてブーンと追い抜いて行っちゃうんですよ

恐らく80とか90kmぐらい出てるんじゃないですか?

 

一般道ですよ・・・考えられません

こんな事では絶対に事故は減らないと思いますネ・・・

 

それと、まだ北海道のほんの一部しか移動していないんですけども

コンビニにゴミ箱とかペット、缶ビンを捨てる箱が置いてないんです

ですから買い物をしたら直ぐに食べないと捨てられないで車の中がゴミだらけで

暑いのでチョット臭ったりで・・・最悪です

 

道の駅にいたっちゃ当然ゴミ箱はありません、自販機の横にも何にもなくて

ペットを持ってウロウロして・・・憤慨してます

 

でもね、気持ちは判るような気がします

恐らくマナーの悪い人たちが大勢いるんでしょう

そいでゴミ箱を全部撤去してゴミを持って帰れって事なんでしょうね

ゴミ対策で相当頭に来てるんですよ・・・キット

 

朝、ブログをアップしたんですけど新発見です

ジュゲムを利用しているんですけど今まで知りませんでしたよ

文章の行数に制限があってワードですと5枚までしかアップ出来ない事を今日知りました

 

昨日のモエレ沼での遊びが楽しかったので日記が6枚になってしまい知らずにアップした

ら6枚目が張り付いていないんです・・・どうしてって最初は悩みました

でもって色々試してやっと判りました

 

ですから朝は7時ころから大慌てで大変でしたよ

そろそろ今日の記事に取り掛からないとまた行数が足りなくなちゃいます

 

今日はまず温泉から始まります

道の駅に温泉があったんですけど780円と高かったので移動しながら探してたら

奈井江町で見つけちゃいました・・・北の湯ですって

ヌメリのあるいい湯でした
 

入湯料は350円でボデーシャンプーもヘアーシャンプーもついてです

普通は350円ですと何にも無いんですけどね・・・

 

昨日も書きましけど、腰と指が痛いので今日は2時間位かけてゆっくりお湯の中で体操をしたり

指を揉んだりしていつもより入念に入って見たら・・・お陰様で今はとっても楽になりました

ヤッパ温泉は良いですよ

 

後は国道で直線距離が日本一長い12号線を使って美唄から滝川を経由して留萌に出ようと

思います

直線距離は29.2kmもあるんですよ


 

確かに長いんですけど幹線道路で街中を走っているのでそんなに長いとは実感はできな

かったです、これが畑とか田んぼとかで周りに何にもないと・・・

一本道のイメージが、それなりにそう思うんでしょうけどね?

 

最後は南滝川の外れで終わりみたいで此処から左にカーブしています

終わりの標識が無いの?
 

此処から深川に出て留萌もありなんですけど日本海側のオロロンロードを走りたいので

浜益に出て増毛を抜けて留萌にと思っていったんですけど・・・

大失敗でした浜益から増毛の間はトンネルばかりで、それも2kmとか3kmもあるんで

期待するほどの景色は見れませんでした

 

いま一生懸命道路の拡張工事をしている最中なので完成すると便利になるでしょうね

素晴らしいでしょう!
 

道の駅の隣にはとてつもなくデッカイ鰊の番屋があって当時は大勢のヤン衆が生活を

伴にしていたんでしょうネ・・・


 

おまけは緑いっぱいのドライブロードです

滝川から浜益に抜ける暑寒国道の451号線です


 

すれ違った車は20台くらいでバイクは1台でした

 

 

今日の移動ルート


大きな地図で見る

2012年 7月  3日 (火)    曇り 時々 晴れ

 

出発地 北海道余市郡余市町  道の駅「スペースアップ余市」

現在地 北海道三笠市岡山    道の駅「三笠」

 

累計距離  24.749.3km

走行距離     144.2km

出費         7,180円

GAS             0円

食費         4,780円

雑費         2,440円

 

今日もチョット曇っていますけど気持ちの良い朝です

夜は毛布1枚で寒くもなく暑くもなく良く眠れました

 

でも昼間は思った以上に暑いです

今日なんか28℃ですからね!

恐らく昼と夜の温度差は20℃位あるんでないの??

 

今、悩みが二つあるんです

4.5日前から腰が可笑しいんです、持病でもあるんですけどダマシだまし使っているんですけど

腰がすぐに伸びないいです、車から降りて直ぐには歩けなくてゆっくり腰を伸ばしてからでないと

行けないんです・・・本当のおじいちゃんみたいな歩き方になっちゃったヨー

 

歩き始めると少しは大丈夫みたいで・・・(_;)

今日だってモエレ沼公園で2時間もチャリンコで遊んでたんですから

 

もう一つは、これは出発前からなんですけど右手の薬指の第一関節が腱鞘炎で曲がりにくく

なってタオルも絞れないしゲンコガ作れない・・・痛くて

ダンダン酷くなってきているみたいで

毎日、痛いところをさすってイタいの痛いの飛んでケー・・・って祈ってるんですけど?

 

ボヤいても良くなるわけではないので小樽に寄って見ます

小樽は二回目なので、朝早くに行って人が少ないうちにゆっくり町を散歩しようと思ってます

小樽は歴史のある町で石造りの街並みは落ち着きますね


 

朝が早いせいか人が居ないせいかなんか寂れた感を感じてしまいます

一時のブームは下火でしょうか??

 

近くに石原裕次郎記念館があったので外回りを無料で見学させて貰っちゃいました

中を覗いちゃいました・・・年代物の車が3台も


 

愛用のヨットが飾ってあって隣がマリーナなんですね裕次郎さんが通ったんでしょう・・たぶん


 

私は年代がチョット違うんでどっちかって言うと高倉健ですね

これから行くと思う「網走番外地」とか任侠路線ですよ

 

札幌に行きますかァー!!

 

今日の札幌テレビ塔を登ると20タワーの完全制覇です

完全制覇にはルールーがあって1年以内に20タワー全部を登らなくてはいけないんです

去年の10月4日からタワー登りを初めて、今日が7月3日ですので丁度9か月掛かりました

 

でも完全制覇が出来たのはとっても運が良かったからだと思っています

去年の5月から日本旅を初めて良い按配に全国を回る事になったのでタイミングが

グットですよね・・・

やっときました
 

嬉しいのは嬉しいですけど、なんかあっけなくて・・・

受付の女の子から「おめでとうございます」って言われて

どんなリアクションも取れずしごく一般的に「アリガとう」だけでした

完全制覇の認定カードとイーストブロック達成の認定カードです

感無量ですネ・・・
 

事務局に完全制覇の申請ポストカードで送ると何か貰えるみたい!

早速送ってみますネ・・・


 

夜景で有名な藻岩山です

有料でお値段が・・・
 

雪まつりとかライラック祭りで有名な大通公園でタワーを中心に東西南北に町が分断されて

防火帯の役目で作ったってボランティアガイドがいってました


 

海側の街並みです

札幌は190万人都市で全国で5番目の大都市で・・・これもガイドさんの受け売りです


 

また例のポーズで1枚


 

ライオンキング・・・やってるんだ札幌でも

小屋も仮設で作ったようで目立つますね黄色いライオンが・・


 

札幌にはもう一か所行くとこらがあるんで付き合ってチョンマゲシ

「なんでも日本一」で日本一長い路面電車の駅名です

アプローチが判らないのでタワーのガイドさんに行き方を聞いて路面電車に乗って現地視察を

敢行です

なんか懐かしい乗り物でしょ? 

玉電見たい
 

降りる時ボタンを押すとチンチンって鳴るんで粋な演出で感激しちゃいました・・・

着きました「西線九条旭山公園通」で18字になるでしょ?

物好きですねー
 

知らない人は何をやってるんだこのオッサンは

胡散臭い目でジロリ・・・恥ずかしいけれども無視をして写真を撮りまくり


 

また電車に乗って早く戻らなければ

駐車場費がかさむ・・・なんてったって1時間380円ですから

 

出来ればススキノで札幌ラーメンを食べたくてススキノを車でウロウロするんですけど

車が止められないんです、今度はタイム24をさがしてウロウロ・・・

なんか自分でやってることが馬鹿らしく思えて・・・ラーメンやーめた

 

早く車で混んでいる札幌を脱出しなければ気が滅入ちゃいます

一方通行が多くて同じところをクルクル回っているだけで腹が立つ

 

スカッーとしたいので日本旅の先生の情報からモエレ沼公園に行って2.3時間遊ぼー

昼飯は途中のイモンモールの専門街で札幌ラーメンを食べちゃいました

公園内を動き回りたいのでチャリをゲット・・・2時間200円でリーズナブルでしょ

ヤッホー!
 

まずはガラスのピラミッドから

この角度がピラミッドです
 

中からはこんな感じでガス

結構涼しいです
 

次は石のピラッミドです

ピラミッドが多いみたい
 

モエレビーチからモエレ山

海と山・・何を考えたのかな
 

快適なサイクリングで・・思わず小坂和也のサクリング・サイクリング・やっほーやっほー!

へこたれています・・・年は取りたくねえなー

心肺停止です・・・
 

この山プレイマウンテンって言うんですこの坂を一気に走ったらこのありさまです・・・トホホ

この坂シンドイよ
 

誰もいませんので子供用の遊具でピース!


 

お遊びの総仕上げはモエレ山の階段登りに挑戦です

釈迦院の3333段に比べれば屁のカッパですよ


 

モエレ山から

芝生で本当に気持ちが良いんだから

チャリで登った山
 


 

モエレ山は国土地理院が認めた山で二等三角点があるんです


 

ちなみに公園の設計者はハーフの彫刻家で「イサム・ノグチ」さんで完成を待たずに

亡くなられました

 

2時間タップシ遊んでスカッーとしました

どうもチマチマしてはイカンですよ

もっと大らかになるようにしかならないんですから・・何事もね

 

アッそうそう・・・礼文のキャンプ場に連絡したらテントと車中泊は予約がいらないだって

そろそろ渡島の準備をしなくちゃ・・・無洗米を5塲磴辰舛磴い泙靴

 

明日は滝川から日本海に出て北上しようと思ってるんですけど・・・はたしてどうなるか?

 

 

今日の移動ルート


大きな地図で見る

2012年 7月  2日 (月)    雨 のち 晴れ

 

出発地 北海道岩内郡岩内町  道の駅「いわない」

現在地 北海道余市郡余市町  道の駅「スペースアップ余市」

累計距離  24,605.1km

走行距離     114.4km

出費         4,130円

GAS             0円

食費         4,030円

雑費           100円

 

お早うございます

お陰様で昨夜はゆっくり休むことが出来ました

夜はちょっと蒸し暑かったですけど・・・ここ2日位夜は蒸し暑いんです

 

神威岬に行く予定なんですけどまだ少し早いのでもしかしたら新潟からのフェリーが居るんじゃ

ないかと思って岩内漁港まで出てみたら公園に不釣り合いな銅像が建っていました

説明文を読んでも良く判らない・・・

てんで場違い!
 

誰か偉いさんが訳のわからない屁理屈を考え付いて作っちゃったんでしょ・・・キット

神話の「アテナ神」で人気が高い神さんだそうです

守り神はフクロウだそうです

道理で刀にフクロウが乗っかっています

 

途中に泊って村を通過したんですけど・・・とまり・・・とまり 聞いたことがあるなァ−

そうです泊原発のとまりですよ

村には色んな形でお金がジャブジャブ落ちているうんでしょう・・・キット

こんな立派に箱物が・・・こんなの誰が見るんでしょうか???

「とまり君」です

勿体ないなー
 

でも泊のニシン御殿はメチャクチャ立派です、これも原発補助金ですかもね?


 



ついでにネコも毛並みが良いこと・・毎日魚を食っているんでしょ

ちょうだい!
 

雨が降ってきました

急がねば・・・神威岬へ

神威岬は北海道の四端でもないのに結構人気があるんです

まず駐車場の前の丘の展望台からの景色が良いんですよ

もっと綺麗に撮りたいです
 

先端の神威岩まで見えるんですから・・・凄いでしょう!!

ですから駐車場もでっかいこと!


 

でもね!

残念ながら何時からかは分からないんですけど岬までの道が崩落してしまい

今では通行止めなっていました

内緒で行って見ました
 

悔しいなぁー・・・

でも、行けるところまで行ってダメだったら戻って来ようと思って行って見ました

ホントはいけないんですけどここまで来て・・アッそうですかって気にはならないんです

海上保安庁さんごめんなさいネ・・・

 

最初はこんな道を下って行きます、まだまだ灯台は見えません


 

こんな道が好きなんです・・・先っぽへ 先っぽへ

陸の海の境目まで好奇心がいっぱいで

ヤット灯台の頭が見えてきました

万里の長城見たいでしょ
 

もう少しだと・・・思ったら

灯台の手前で本当に道が崩落していました・・・灯台の先っぽが見えるでしょ ネッ・・

ホントだったです

でもね人が一人通れるくらいの踏み跡が付いていたんで何とか渡る事が出来ました

ラッキーでした・・・でも慎重に

 

神威灯台です

もともと高いところにあるので背高のっぽではないけれども頑丈に出来ています


 

もうこれ以上行けない先端からの神威岩です

絶景かな!
 

神威岬は幕末まで女人禁制の地だったんですよ

伝説ではアイヌの娘さんが義経さんを慕って身を投げて神威岩になったそうです

女人禁制の門です


 

念仏トンネルです下の方に穴みたいのがあるでしょ?

良く掘ったねー
 

アレが1992年まで神威岬まで行くために使ったいたトンネルです

2時間のかかってたんですって

私なんかはそれはそれで楽しいと思いますよ・・・探検みたいでね

 

帰りも大変です尾根道を30分ほどかけて戻ります

こゆうのが人気があるんですかね?

両サイドはシャコタンブルーの海で天気が良ければ最高でしてね

見たら綺麗なんですけど
 

記念撮影用の看板の前で1枚


 

雨も結構降ってきたので岬を離れて余市に行こうと229号線を走っているとやたら

ウニ丼、イクラ丼など海鮮丼ののぼりが立っているんで考えちゃいます

如何しよう・・・お昼には少し早しなー

でも積丹町で我慢が出来なくなっちゃってとうとう漁師の店に入っちゃいました

でもって・・・メニュー たかー

ばふんウニが3500円

むらさきウニが2300円

迷わずむらさきウニを注文しました

ウニが思ったほど無いかも?
 

むらさきで充分ですよ・・・とっても甘くて美味しかったですもん!!

ばふんウニは礼文島で「小」が1000円で食べれるって情報があるんでそっちで

食べますネ・・・

 

余市のニッカ工場です

着て見たかったんです・・・まさか飲めませんけどね

工場だけで販売している原酒を買いたかったんです

10年物と20年物の小瓶を買いました

中身が濃いいの
 

これでブラックニッカでしたら4本も買えます

舐める程度の有料試飲をしたんですけどやっぱり20年物はまろやかでフルーテイーでした

反面10年も物はガツンと若いって感じです

確かに旨い
 

余市工場の建物は有形文化財で一部中は見れないんですけど外観であればが結構自由に

見ることが出来るんです

申し込むと30分おきにガイドのお嬢さんが付いて説明もしてくれます

 

工場と思えないくらい綺麗な建物で屋根は全部赤で統一されていて外装は石作りでした

ニッカの幼稚園があったりで余市はニッカ、ニッカは余市って感じで地域に貢献しているのが

よーく判ります

工場内の写真を何枚かどうぞ

まずは初代の竹鶴さん家です和洋折衷で二階には襖とか障子もありました


 

キルン塔


 

醗酵棟


 

蒸留棟で良く見る窯って言うんですか?


 

時々石炭をくべます・・・

最初は温度が判らないのでしょっちゅう扉を開けて中を見るんで顔がやけどをするそうです

夏は暑いでしょネ
 

こんなに緑が多い中の環境でお仕事が出来るなんて羨ましいですね!!

冬は大変でしょうけどね

展示してある蒸留窯の前で何時もの1枚を・・・


 

初めての体験ですけどポプラの綿毛がフワフワと沢山浮いているのはとっても幻想的でしたよ

最初はなんだか全然わからなくて、だれかシャボン玉遊びでもしているのかなって思ってくらい

ですもん?

タンポポみたいです
 

これから余市から先、小樽から札幌の郊外まで道の駅もオートキャンプ場も無いんで困った

ちゃんです

ルート選びが大変です・・・泊まるところを決めてじゃないと進めませんね

 

 

今日の移動ルート


大きな地図で見る

2012年 7月  1日 (日)    晴れ

 

出発地 北海道島牧郡島牧村  道の駅「よってけ島牧」

現在地 北海道岩内郡岩内町  道の駅「いわない」

累計距離  24,605.1km

走行距離     162.0km

出費        10,207円

GAS         6,597円

食費         2,510円

雑費         1,100円

 

昨夜はやっぱり自炊で山用のアルファ米のわかめご飯とサバの味噌煮缶で何とか急場を

しのげました

昨日も日記に書いたように北海道ではこれからもこんな事が続くと思うので途中でスーパーを

見つけたら食材を少し買い込んでおいた方が良さそうですね

 

それと風が物凄くて東京に住んでるものとしては台風以上の風だと思います

車がユッサ・ユッサと大揺れですからねー

どうも陸から海に向かって吹いているように感じるんですけども?

 

去年の12号台風を青森の浅虫温泉の道の駅で体験したんですけど風だけですと

昨日の方が強烈に感じました

いつ車が風で動くのか気が気でなかってですよ

 

でも朝日とともにピタっと止みました・・・不思議ですね

自然の法則があるんでしょうか?

 

朝飯は昨日買っておいたバナナ2本で済ませてニセコの温泉に浸かりに行きます

シャバでは日曜日みたいですので私も今日は休養日にして三大秘湯と言われている

ニセコの温泉で身も心もリフレッシュしてまた明日から旅を続けます

 

実はPCにアクシデントがあって九州旅で牛乳をこぼしてDVDが使えなくなって外付けの

DVDで写真なんかのバックアップに使っていたんですが

その外付けのDVDも28日ごろから動作が可笑しくなって30日に完全に動かなくなって

しまいました

 

仕方がないのでUSBを買って出発からの写真データを全部載せ替えたりで

今日は休養とデータ整理の日になってしまいました

 

島牧を出て直ぐに灯台を見っけたんですけど登り口が判らないんですよ

登れなくて残念でした
 

下からは階段が見えるんですけどねー

民家の庭先みたいなところから登るような気もするし??

 

お爺さんが畑仕事をしていたので・・・まずは挨拶からと「お早うございます」

無言で無視をされてしまいました

良くいるんですよね・・・

こゆう時はサッサと諦めるのが肝要です

 

島牧からニセコに向かう県道でこのようなトンネルを通ったんですよ?

トンネルじゃないんですよ
 

シェルタートンネルって書いてありました

何のためのシェルターなんでしょうか????

 

そんな事を考えながら走っていたら100名山の羊蹄山が見えてきました

美しいでしょー
 

実は何の山だか分らなかったんですけど山姿がとっても美しいので地図を開いたら

羊蹄山じゃありませんか・・・でも登山の心の準備が出来てないので今回は登らないですけど

帰りにまた函館に来ますので、出来れば登りたいですね

 

最初からニセコ駅前の「綺羅の湯」に入るつもりで来ました

その訳はイーモバイルのアンテナ地図を見る限りでは通信が可能な地域で

温泉が10時開館なので待ってる時間を利用してブログをアップするつもりだったんです

 

とっところがアンテナは3本立って充分なんですが電波が安定しない

浅いと言うか不安で文字送りは出来るんですけど映像がまったくダメです

どうも羊蹄山が邪魔をしているみたいなので5kmほど倶知安に寄って見たら

バッチシOKでした・・・ホント一安心です

 

二日分のブログをアップしてニセコのお湯にバップーンです

日曜日の午前中でだーれも入っていません・・・独り占め

お湯の温度は42℃で少し温めでじっくり浸かってるのには丁度良い温度ですよ!!

 

もーう・・・最高です幸福のひと時です ( ^)o(^ )!!

 

外ではバザーが始まっていてカレー、ラーメンなどたこ焼きもありました

太鼓のイベントもあったんですけどお風呂に浸かっていたんで残念ながら見れません

でした

こゆうのって好きですよ
 

お昼はバザーのラーメンです本格的な醤油ラーメンで美味しかったです

でもバザーの売りはヘルシーカレーだったみたいです

もう食べられません・・・若い時はヘチャラデだったのに チクショー


 

ニセコ駅です若い子向けに作ったみたいでしょう


 

私はゆるキャラちゃんとスリーショットです

ピース!!
 

あと、今日のお仕事で残っているのが洗濯です

ニセコにはコインランドリーが無いそうです・・・コンビに聞いたら

 

無いんじゃしょうがないので途中の倶知安で探したんですけど見当たりません

本当は誰かに聞いてみるのがイッパツなんですけど

なかなかタイミングが合わなくて・・・人見知りタイプなのできっかけが掴めないんですよ!

 

でもって今日の宿泊予定の岩内もそこそこの町みたいですので期待をして移動して

見ます

丁度、ガソリンもからケツですので岩内でGSに立ち寄って店員さんに

この辺にコインランドリーありますか??

そしたら車で1分のところにありました・・・内心小躍りでヤッターマン

 

本日のお仕事はこれで滞りなく完了しました

明日は積丹半島の先端にある「神威岬」を踏みに行きます

 

 

今日の移動ルート


大きな地図で見る

2012年 6月 30日 (土)    快晴

 

出発地 北海道松前郡福島町  青函トンネル記念館の駐車場

現在地 北海道島牧郡島牧村  道の駅「よってけ島牧」

累計距離  24,443.1km

走行距離     270.1km

出費         6,650円

GAS             0円

食費           950円

雑費           700円

 

結局、記念館の駐車場に宿泊したのは私の1台だけみたいです

トイレなんかは傍にある道の駅なんかよりよりよっぽど綺麗で24時間やってるし・・・

隠れた穴場かもしれません


 

そしてここ福島町は千代の富士の郷なんですね

アッチコッチにのぼりが立っていました・・・おらが村の大横綱だっべ


 

若い時の千代の富士は好きでしたね!!

ブラックウルフ何て言われて天井を向いて相撲を取ってましたよ

 

出発してすぐに北海道最南端の白神岬に到着です

物凄い風で知らずにドアーを開けたらドアーが持っていかれて壊れそうでした


 

証明書があると良いんですけどネー・・・残念です

隣には「白神岬灯台」が有ったんですけど立ち入り禁止で行けませんでした


 

もしかしたら朝が早かったのでゲートが開いてなかっただけかもしれませんよ?

松前市かと思ったら町なんですね、往時は北海道物産の拠点で随分と栄えたんだと

思うんですけど、今は小さい町のなってしまったようですね

 

でも折角ですので松前城を観に行ったんですけどまだ開城していなかったのでお城だけ

写真を撮らせて貰います


 

城郭は広いですよ一山全部ですから

古来の築城方法で作った最後のお城だそうです

この後のお城は西洋式が入ってきて五稜郭みたいなお城になったみたいですね

 

色々と見どころはある見たいですけど余り興味が無いので廃線になった松前駅の跡地に

行って見たらこんな碑が立っていました

結構、皆さんおいでになるみたいで・・・私も1枚


 

松前ではエッジのアンテナが立ちません松前ってそこそこな町かなって思っていたんですが

まったく立ちません、江差で何とか立つと良いんですけどね・・

 

江差に向かいます

江差追分会館を覗いて見ようと玄関まで行ったらこの看板が・・・戻っちゃいました


 

此ればっかりは興味の問題ですので勘弁して下さいね

駅の観光案内で見つけたカモメ島の灯台を見てみようと港に行ったら帆船が1隻止まっていた

ので説明書を見たら幕末の開陽丸のレプリカでした


 

江戸から函館戦争に参戦するため来て江差の沖合で停泊中に座礁をしてアット言う間に沈ん

ちゃったそうです・・・作られてから1年足らずでアァー勿体ない


 

これがカモメ島です岬の突端に飛び出してるんですね

恐らく昔は陸と離れていたんでしょうけど

今は陸続きになっています


 

カモメ島の可愛い灯台です屋根がとんがり帽子でおとぎの国の灯台みたいでしょ

最初はニシン漁用でこさえたみたいですけど今じゃ立派な灯台です


 

カモメ島は一面が気持ちの良い草原でその中にポツンと立っています


 

バーベキューなんかにはもってこいなんですけどねー

法華寺の奥さんが言ってましたけど、若い人が居ないって言ってたので宝の持ち腐れですよね?


 

その法華寺の天井画を観てみたいので

寄って見ました拝観料が300円でしたけれど

天井画以外でも著名な掛け軸とかがあって300円は安いかも?

写真はNGですのでパンフで我慢してくださいな!

八方睨みの龍です・・・池大雅の名作と言われているそうです


 

江差にはニシン御殿が沢山あります

昔はメチャンコ儲かったでしょ

でも小樽の御殿よりは小さいよう気がします


 

これから北海道最西端の尾花岬に向かいます

ネットではとっても行ける場所では無いらしんいですけど何とか遠くからでも良いので一目見たいのでね・・・

 

でもって手前の道の駅のお姉さんに情報収集です

やっぱり太田地区で道が無くなるので岬までは行けないそうです

でも道が無くなるチョット手前の太田神社の境内から見えるらしいです

 

尾花岬です・・・天気が良かったのでバッチリです


 

神社の前の海はとっても綺麗でマリンブルーです


 

取りあえず到達したことにしときます

今、太田より先の道路工事をしているので恐らく近い将来に尾花岬に行けるようになるんじゃ

無いですか?


 

サァーこれで本日の予定は終わりました270km近く走ったんですけど北海道はスピードが

出ちゃんで走りすぎちゃいますよ

明日からはもう少しノンビリ行きたいです

 

それと江差から先は食べる所も無いので久しぶりに自炊をしちゃいましたラーメンですけど

ショボイなー
 

夕飯も自炊になりそうです

道の駅も普通は弁当とか食事になるような物が置いてあったりするんですけどほとんど

ないんです、これからも北海道ではこんな事があると思うのでコメも買っとく必要がありそう

だな??

 

そんな事を考えながら走っていたらこんな看板を見つけちゃいました


 

嘘だろー・・・一番高いのは余部灯台でしょ

止せばいいのに、こゆうのがダメなんです行ってしまうんですよ

林道をシャカリキに走って着きました


 

やっぱりこの灯台も屋根がとんがり帽子でした

日本一の説明です


 

余部灯台より89儿發い修Δ任

公式にはどうなんでしょうね?

機会があったら調べてみます

 

アッァ・・・そうそうエッジのアンテナは江差でも立ちませんでした

恐らく小樽までは立たないと思うのでブログは2.3日アップが出来そうもありません

 

明日は温泉と洗濯をしたいと思ってます

 

今日の移動ルート

 
大きな地図で見る

2012年 6月 29日 (金)    快晴

 

出発地 北海道函館市原木町  戸井ウオータパークオートキャンプ場

現在地 北海道松前郡福島町  青函トンネル記念館の駐車場

累計距離  24,173.0km

走行距離     121.2km

出費         2,540円

GAS              円

食費         1,940円

雑費           600円

 

2.3日前から朝晩は冷えるんです

肌を出して寝てると寒くて目が覚めちゃいます

あわてて毛布と布団をスッポリかぶせて寝るありさまで・・・

すっぽりとかぶってると良い按配でその内また暑くなって・・・またサブくなって

 

お陰様で5時30分にはキャンプ場を出発しちゃいました

まず函館に戻ります

昨日は函館見学が時間的に無理だったので、もどって20タワーの五稜郭タワーからと

思ったんですけど恐らく開館は10時だと思いますので函館山の麓にある「立待岬」に寄って

見ます

演歌で立待岬って歌がありませんでしたか?

あった様な気がするんで気にはなっていいたのでね

着いて見たらヤッパ演歌とは関係がなさそうです・・・歌詞の碑も無かったので

でも立派な公園にはなってはいるんですけど・・・駐車場も大っきしね?


 

向こうは函館市です


 

正面は津軽半島なんですけどまったく見えません

そしたら駐車場でこんなのを見つけちゃいました

函館山散策コースだって


 

まだ8時で10時までは時間がタップしあるしケーブルとか自動車で上がっちゃうのも味気ないので

歩いて見ることにします

登山コースは4コースあるので「ツツジ山コース」からスタートしてみます



広々としたハイキングコースをゆっくり登って行きます

話では50分コースみたいなので森林浴をしながら鼻歌交じりで・・・良い気持ちです


 

途中に分岐が出てきました

薬師山コースですか?


 

そう言えば山頂に要塞の跡が残っているって書いてあったような?

函館山に真っ直ぐ登っても面白くないので寄って見ます

何せ時間がタップシあるし・・・余裕ですよ

途中、木立の隙間から函館の街並みが・・・良く見る写真のままでしょ?


 

頂上には要塞がそのまま残っています立ち入り禁止なので入る事は出来ないのですけど

頑丈に作ってあると見えてほとんど無傷のように見えます


 

分岐に分岐を重ねながら頂上に到―着!!


 

まだ9時30分で売店も開いてないんですけど展望台は解放されていたのでテッペンか

函館の街並みを


 

夜景が奇麗なのが判りますよね、この街並みを見たらネ・・・

でも期間限定ですけど17時から22時までは車は通行止めですのでケーブルで上がるしか

無いですよ

 

また頂上は電波塔だらけです・・・ほとんどテレビ見たいですけども?


 

下山ですけど登って来た道を下りたくないので別ルートの汐見山コースを下って見ます

このコースは好きな道です

尾根道が登山道のように狭くて本格的な山歩きをしてる錯覚になります


 

ダラダラと下って尾根の先っぽでドスンと下るんです

登りは尾根に上がるまでは結構シンドイと思いますよ・・でもね苦労して尾根に上がれば天国が

待っています

 

なんだかんだで箱根山で2時間30分も遊ばせてもらって良い運動になりました

そろそろ五稜郭タワーも開館してると思うんで行って見ます

どっからでも見えますので方向を確認するのには丁度良いです737

 

五稜郭の形が良く見えるんですけど窓枠が邪魔をして上手く撮れません

1枚の窓には入りきれないし・・・困ったさんです


 

此れで勘弁してチョンマゲ

平日ですけど観光バスが2台も止まっていたんで沢山の人達で写真の場所取りと記念写真で

大変です・・・みんな右往左往して

団体さんは潮が引くようにいなくなるのでこゆう時は壁に隠れてノンビリ待つことに限りますって!


 

お昼はタワーの2階で天ぷらと稲庭うどんセットを美味しくいただきました

ライトビールも添えてね

天ぷらの具が地元の海鮮でしたので美味しかったなァー


 

記念スタンプと記念品です




 

おまけは恥ずかしながら土方歳三さんとツーショッットです

暗くて失敗作ですけど人が沢山いたんで取り直せませんでした・・・さすがの私でも



明日は北海道で最南端の「白神岬」に朝一で行きたいので今日は出来るだけ松前町に

近い道の駅に行っておきたいんです

函館から松前まで70km位あるんでこれからひとっ走りです

 

昨日もそうですけど北海道の運転はスピードに慣れてないせいかとっても疲れます

なんてったて車が少ないのでみんな70とか80kmでかっ飛ばしているんです

高速道路なら安心して飛ばせますが一般道では神経を使いますよ

みなさんヘッチャラですもん・・・怖くないのかな?

 

途中にトラピスト修道院あるのでビスケットとバター飴を買いに行ってきます

バター飴は現地でしか買えないバターを練り込んだやつでとっても美味しいです

普通に売ってるのは白い飴だと思いますが・・・こいつはチョット違うんですよ

 

参道のポプラ並木です


 

参道の先っぽが修道院の正門になります


 

正門から先は入れません


 

ハガキで申し込んでおけば入れるそうですが女人禁制です

女性は函館にあるトラピスチヌの修道院で見学ができるそうです


 

日本には修道院が7か所あるそうでその内5か所が女性で残る2か所が男性だそうです

参考までに


 

 

今日の移動ルート

 
大きな地図で見る

2012年 6月 28日 (木)    快晴

 

出発地 青森県上北郡横浜町   道の駅「よこはま」

現在地 北海道函館市戸井町  戸井ウオータパークオートキャンプ場

累計距離  24,051.8km

走行距離     180.4km

出費        19,580円

GAS              円

食費         3,580円

雑費        16,000円

 

予定通りに5時の早立ちです

アンテナはむつ市の手前で3本立ちましたので早速ブログのアップに取り掛かります

意外と電波状況が良いみたいで写真のアップが10秒ぐらいで大助かりです

 

昨日なんか1枚1分ですからホントやんなりますよ

そんな訳で尻屋埼に着いたのが7時40分でゲートが開いていて良かったです

シーズンを外すとゲートが閉っていて寒立馬にも灯台にも会えませんので・・・注意!!

ゲートに入ったらいましたよ

思わず・・・でっかい

凄いでしょ!
 

何しろ足も関節も胴回りも何もかもデッカイ・・・圧倒されちゃいます

想像していたのは都井岬で見た岬馬でしたので余計にデッカイ!!

 

岬馬はポニーみたいに可愛くて小さかったでしょ

これが同じ馬かと思っちゃいます

でも眼だけは同じように優しそうなまなこで見られちゃいました

 

この馬さんはこっちに来たので怒っているのかと思って後ずさりをしたら目の前をスゥーっと

通り過ぎて行っちゃいました

ビックリしたぁー
 

この子は春に生まれたんでしょうか?

首がかゆいのか盛んに木をこすっていました

カイカイ・・・
 

灯台の前の広場には何組も親子がいてお父さん、お母さんは盛んに草を食んでいましたけれど

仔馬ちゃんは寝ています

人間と一緒で仔馬はよく寝ていました・・・寝る子は育つ!!

ねむてー
 

一家だと思います

黒いのがお父さんですよキット!

おっぱい美味しいか?
 

おっぱいを飲んでいるのをジット見守っているみたいでしょ

睦ましいでしょ

何して遊ぼうかな

この子は横着物で寝ながら草を食べています

腹減ったなー
 

馬に触ってはいけないんですけどチョット触れてみました

大人の馬に触るには勇気がいりますけど仔馬は触らせてくれました

まずはおケツから

お願い触らせて
 

だんだん大胆になってきて鼻ずらをナデナデ

ツルツルしてます
 

そしたらこの子いびきをかいて寝ちゃいましたよ・・・可愛い寝顔です

グーグー
 

兄弟で噛みつっきっこの練習でしょうか?

可愛いよー
 

最後は親子と記念のツーショットです

宜しくね
 

そうそう灯台ファンとしては尻屋埼灯台もちゃんと見ておかなくちゃ!

前からも良いんですけど今回は裏から撮って見ました

裏に窓があるのでインパクトがあるでしょう

たまには裏も良いでしょう
 

どうしても灯台と寒立馬を撮りたかったので30分ほどジット我慢の子です

来ましたよ・・・親子が

そっと回り込んでとうとう撮れました

ヤッター!!
 

そしたら沢山来てくれました気持ちが判ったんだと思います

アリガトさんね


 

なんか良く解んない碑と灯台と私です


 

アット言う間の2時間で観光客もパラパラきだしたし一人きりでタップリ馬さんと遊べたので

大間に向かいます

お馬さん達・・・元気でネ

 

大間への道はガラガラで車がほとんど通っていません

こんな道ですから・・・直ぐに80kmぐらいでちゃんです

車が来ない
 

どうも大間には10時30分ごろ着いちゃいそうなので途中の休憩スペースで洗車をしちゃいました

トイレがあるので水が使えるのでチョット拝借しました

サッパリしました
 

どうですか綺麗になったでしょう

去年に引き継き2回目の大間訪問です

ハイポーズ


 

取りあえず証明書も貰っときました

2枚目です
 

予定通りに丁度お昼になりました

去年はケチって赤身丼(1000円)を食べて少し後悔をしたので、今回は清水の舞台からエッイ!

まぐろだけの丼です(2500円)

尻屋産でした
 

手前がオオトロ

真ん中2列が中とろ

奥が赤身です

 

ただ残念なのは去年来たのは9月でしたので大間のまぐろの赤身でしたけれども

今回は近海物で大間で獲れたマグロではないんです

 

大間でマグロが獲れるのは9、10月だそうです

食べてみてハッキリ分かります去年の赤身の方が数段美味しいです

色も全然違いますしね・・・

 

注文してからそのことが判ってちょっとガッカリしちゃいました

後悔しても仕方のないことなので・・・前向きにネ

 

いよいよ北海道です

いまはフェリーの中でブログにアップ用の日記をワードで書いています

16時に函館に到着します

 

今の悩みは函館近辺に道の駅が無くてどうしようかな???

到着の時間が時間ですので観光には無理かもネ・・・

到着してから考えよっと!!

 

定刻通り16時に函館に着きました

まずナビを五稜郭タワーに合わせてスタートしたんですけど、何時もの旅行のように

タワーをチョっこっとみて函館を離れるのは気持ちが許さないし五稜郭も見たいし

トラピスト教会も覗いて見たいので今日は35kmほど離れた道の駅に行向かいます

そして明日また函館に戻ってゆっくり回る事にします

 

ところがどっこい北海道の35kmは長い

途中にオートキャンプ場があるんですけど利用したことが無いので少し躊躇して

思い切って受付に車中拍は出来るんですか?

って聞いたら・・・OKです

利用料は525円です

前の駐車場を借りました
 

35kmも離れた道の駅に行かなくてすんでホット一息でした

キャンプ場の隣には日帰温泉があるんですよ

早く日記を仕上げて入っろっと!!

なんか、今日は北海道に渡るだけでとっても疲れちゃいました

 

 

今日の移動ルート


大きな地図で見る

2012年 6月 27日 (水)    快晴

 

出発地 岩手県久慈市中町    道の駅「くじ」

現在地 青森県上北郡横浜町   道の駅「よこはま」

累計距離  23,871.4km

走行距離     216.2km

出費         8,299円

GAS         6,029円

食費         1,910円

雑費           360円

 

梅雨に入ったはずなのに如何したんでしょう、一向に雨が降りません

出発した21日だけが雨で、以後ほとんどピーカンです

もしかしたら東北はまだ梅雨入りしてなんですか?

あるは北海道の天気に似て梅雨は無いですかね

 

まァー旅する身にとっては雨が降らない方が良いですけどもね!

北海道入りをする前に寄っておきたい所があと一つで尻屋埼の寒立馬だけなので

取りあえず八戸まで行って見ます

 

45号線で八戸市街に入るところで朝ぶろ温泉を発見しちゃいました


 

こんなに早くからやっている温泉は初めてです


 

朝6時からやっていて360円です、子供は10円で・・・メチャクチャ安い

もちろんシャンプーも何にもありません

 

お風呂も何種類もあってサウナもありますので安かろう、悪かろうではないですよ

お風呂から上がって例のコーヒ牛乳を飲みながら北海道入りするまでの日程を

考えたんですけど

 

大間から28日の14時20分の函館行きのフェリーに乗る事に決めて早速フェリーの予約を

手配をしておき、それに合わせて今日と明日の午前中の見どころを決めました

 

今日の宿泊を下北半島の道の駅「よこはま」にして

明日はいつもより少し早出をして陸奥市でブログをアップしてそれから尻屋埼の寒立馬と

2時間ほどゆっくり遊んでから大間に行こうと思います

 

これで大間を2回目の訪問です

また美味しいマグロ丼が食べられそうですよ・・・

今回はケチらないでトロ入りのマグロ丼にしようかな?????

 

道の駅の「よこはま」もこれで3回もお世話になります

去年、下北半島を一周した時に二晩泊まっていますので

下北にはあと2つ道の駅があるんですけど宿泊には向かないので「よこはま」にお世話に

なるしかないんですネ・・

 

さて、今日のこれからの予定ですが「よこはま」に直接行っても脳が無いので

新郷村のキリストのお墓参りをしようと思います

ついで和製ピラミッドも見たいです

 

走っていると「十和田湖」の道路標識が頻繁に出てくるんで地図を見てみると

ナント十和田湖の手前20kmぐらいでエライ遠い

北海道の帰りは4号線と思っていたんで帰りでも良かったみたいで少しガックシです

 

それでも出かかった物はひっこめられないので行くことにしました

キリストさんのお墓は綺麗に清掃がされていて気持ちが良かったです

何故、キリストさんかは各自で読んで納得してチョンマゲ!!


 

手前が弟のイスキリさんで向こうがキリストさんのお墓です



キリスト伝承館なる物が併設されているんですが休館日で入れません・・・残念です


 

どうです立派な建物でしょう

私がお参りしている間にも何組かの人が来ていました、以外に侮れないかも?

 

次は和製ピラミッドの「大石神ピラッミド」です

6km位しか離れて居ないのでワンセットかもネ?

入り口の説明文です、読んでるうちに最後の説明で帰りたくなってきやした

無残な残骸にですって・・・・


 

もともと大して期待はしてなかったんですけど

期待は無残にも木端微塵に粉砕されてしまい、何処をどう見てもピラミッドに見えませんでした

此処が入り口です



後はどのようにして写真を撮ったらいいのか教えてチョウライ!!


 

 

いい加減にしろってお叱りを受けそうなのでこの辺で止めときます

キリストの墓の駐車場のお土産屋さんですキップがあるんですね

記念に欲しかったんですけどお休みでした・・・平日は空振り多いいんですよ


 

津波の被害も久慈を過ぎると無いというのか減って来ました

ほとんど被害が確認できませんでした、


 

湾じゃないのでこの堤防を越えることが無かったんですよ・・・たぶん

 

再び45号線に戻るときにおいらせ町の田んぼで見た東北本線の長―い高架橋です

2.3kmぐらいあるじゃないんでしょうか?


 


 

途中、道の駅「みさわ」に立ち寄って見たら道の駅と言うよりも芝生公園でお子ちゃまをと

一緒に遊ぶには良い環境ですね

車中泊には向かないです・・・門があって締め出されてしまい門外の駐車場の利用に

なってしまいます・・・自炊が出来れば大丈夫ですけどネ

ホントに気持ちの良い芝生です
 

乗馬も楽しめます・・・なーんちゃって?

ララミー牧場!!
 

 

今日の移動ルート

 
大きな地図で見る

2012年 6月 26日 (火)    快晴

 

出発地 岩手県下閉郡山田町  道の駅「やまだ」

現在地 岩手県久慈市中町    道の駅「くじ」

累計距離  23,655.2km

走行距離     164.6km

出費         1,880円

GAS             0円

食費         1,780円

雑費           100円

 

今日はやっと念願がかなって本土最東端のトドケ埼を訪問します

心配なのは取り付きまでたどり着けるかどうかなんです

間違いなく津波にやられてはずなんで心配です

入り口さえ入れれば大丈夫だと思うんですけど!

 

着いたんですがご覧の通り酷い状態です家も道もなーんにもとろけちゃって無いんです

根こそぎですよ
 

困ったぞと思ったら、こんな看板を見っけました


 

ご丁寧に3枚もあって迷うことなく入り口にたどりつけました

取り付けてくれた人に感謝です・・・有り難うございました

 

さァーこれから片道3.8kmで約1時間のハイキングの始まりです、往復2時間ですよ

入り口は道跡が全然ないので上を見ながらルートを確認しながら登って行きます

看板が無いと判んないうよ
 

最初は尾根に上がるまで少し大変ですけど

結構きつい

登ってしまえばほとんどアップダウンない快適なハイキングです

気持ちが良いですよ
 

腐葉土でフカフカの道を歩いていると奥多摩とか奥秩父の縦走路を歩いている感覚に

陥ります・・・でもって波の音で我に返ってここはトドケ埼だ

天気もピーカンで風もなく薄らと汗がにじむ程度のハイキングで・・・最高ですー

もう何にも言うことは有りません

丁度1時間で看板が

やっと着いた
 

まずは最東端の記念碑にご挨拶です

ところが逆光で写真が上手く撮れないんです、何回も何回も撮っちゃ消して

上手く撮れない・・・コンチクショー

灯台とセットで撮りたいんですよ・・・誰でもそう思うでしょ!

この程度で勘弁してください

難しい・・・写真は
 

此れで本土の四端は制覇しました・・・バンザーイです

興奮しています
 

とっても嬉しいです

四端の証明書を下関の事務局に送って四端制覇の証明書を貰うんだ!!

 

次はトドケ埼灯台です


 

思ったほど津波とか地震の被害は受けてなさそうです

灯台は岬の先端にあるので津波は左右に分かれてしまうんですかね??

東屋も健在でしたので朝飯を食べようと持って来たパンにかぶりついていると

なんか耳障りな羽音・・・ブーン・ブーン

 

アッ・・・でっかいハチ

虫をして(無視)食べてたんですけど怖い

刺されたらイチコロでしょ・・・ましてやだーれもいないし多分来ないだろうし

そんな事で早々に退散するしかなくなってしまい・・・ハチの野郎

 

1.  2時間ゆっくりしようと思っていたのに・・アァー腹立たしい

松の間から見えた白波がとっても綺麗でしたので

良いでしょう
 

帰りに宮古市の観光協会に寄って証明書をゲットしました

ゲッツです
 

宮古市は中心部を津波にやらたんで復興には相当時間が掛かりそうですね

テレビで良く見た真っ黒な津波が防波堤を船ごと乗り越えてきたでしょ

あそこの道路は45号線の幹線道路なんですよ

知らずに通って見覚えがあるビルだなーって思ったんで

写真は撮れませんでしたけどね

 

 

宮古市から近いんで浄土ヶ浜に寄って見ました

海べりの遊歩道はまったくのNGで車道を通行止めにして人を歩かせて対応していたんで

すけど、奥浄土ヶ浜まで行くのは大変ですね

特に平日は無料のシャトルバスも出て居ないので、どうしてもって言う人は土日祭日に

行かれると良いと思います


 

日出島とセットで


 

チリ地震でも大きな被害があったようでこんな記念碑がありました

津波てんでんこですよ

今回は守れたのかな?
そのとうりです
 

後は遊覧船が動いていますんで外から浄土ヶ浜を見て見ても良いかも?

 

田老町が見えてきました

東洋一と言われる防波堤です、私が大きさの比較で映ってみたんですけど5.6mはありますね

でっかいです
 

厚みだって相当ありますよ、此れを乗り越えてきたんですから手の施しようがないですよ

防波扉だってこんなに頑丈なのに・・・ここのは扉が付いていますけど

普段は開いてます
 

破壊されて取れちゃってるのもありました


 

田老町ってこんな防波堤が二重にあるのにダメだったんですね


 

自然の力には勝てませんね

 

これから真っ直ぐに久慈の道の駅に行こうと思ったのにまたまた悪い癖が寄り道です

普代村ってとこに黒崎展望台があるんでリアス式の海岸を見てみたいので寄って見ました


 

そしたら変な地球儀が・・・重そうなので助けてやります

普代村は北緯40度線上にある見たいでイベントでもしたんでしょうか

重たいよー
 

なんとラッキーな事に可愛い灯台がありました



灯台から三陸海岸の白波が印象的です


 

灯台って高いか低いかのどちらかで結構疲れるんですよ

ここも階段があって今日の私には酷です・・・アァーシンド

今日は早く寝よっと

 

 

 

 

今日の移動ルート 
大きな地図で見る


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Profile

ランキングに参加してます

旅のスタイル

サクラが咲き時をおかずに散り始め緑の新芽に眼を細める季節が近づいてきました。すぐにでも新た興奮と感動を期待して旅に出て見たいものですネ
今年も薬が増えて身体をいたわりながらの旅になりそうですけども
とりあえず、いい加減なマイルールをいくつか。
●無事故、無違反
●高速道路はできるだけ使わない
●興味ある場所は時間を気にせずできるだけ訪れる
●エアコンはできるだけ使わない
●車中泊とたまにホテルも節約に努める
●お世話になった人、友人は絶対に会いたい
●地元のおいしモノを食べたい
演歌を聞き、歌いながら、さびしがり屋なので、思い切って人と話しながらをモットーに、元気に行ってきます。

毎日が楽しければネ

いま!!何時
もうこんな時間!!

ご訪問ありがとう
コメントお待ちしていますのでワンクリックしてチョンマゲ!!

ブログパーツUL5

フェイスブックもネ・・・

Archive

Recommend

LONG 12V 26Ah 高性能 シールドバッテリー WP26-12 WP26-12
LONG 12V 26Ah 高性能 シールドバッテリー WP26-12 WP26-12 (JUGEMレビュー »)

サブバッテリーにと考えています
でも容量がもう一回り大きいのが良いかな?

Recommend

セルスター(CELLSTAR)12Vサブ・バッテリー用充電器 IS-330
セルスター(CELLSTAR)12Vサブ・バッテリー用充電器 IS-330 (JUGEMレビュー »)

サブバッテリー充電用にと考えているんですけどどうでしょうか?

Recommend

Recommend

死ぬまでに行きたい!  世界の絶景 日本編
死ぬまでに行きたい! 世界の絶景 日本編 (JUGEMレビュー »)
詩歩
まだまだ訪れていない絶景が沢山ありました

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM