2011年 9月 17日 (土)   雨〜曇り〜大雨     

 

出発地 秋田県能代市 道の駅 ふたつい

現在地 秋田県大館市 道の駅 ひない

走行距離   134.2km

累計距離 12104.7km

出費  5,690円

GAS  4,260円

食費  1,030円

雑費    400円

 

泊まった道の駅ですですけど参りました

道路の夜間工事の集合場所になっていたんです

夜10時ごろから工事車両と作業員が続々と

集まって来るんです

 

寝ばなを襲撃されて・・・アァー寝れネーナ!!

やっと寝付いた夜中の3時ごろに今度は工事が終わった

らしくまたもやワイワイガヤガヤ・・・コノヤロー・・・

もう寝れません・・・何気に窓を見たら水滴


エッー 雨なの?それはないでしょ 
(_;)


白神山地を見るのに良いロケーションと言われる

藤里町の小岳に登ろうと思って近い道の駅を選んで

準備万端ですのに!!

 

6時ごろ雨が上がり少し明るくなってきたので

取りあえず登山口まで行ってみることにします

 

前日に道の駅の観光センターで登山口までの

ルートを確認しておいたのですんなり林道の入り口に・・・

 

此処からが登山口まで20kmの恐怖のダーが始まりまです

観光センターの人が言っていいた通り、すっごい砂利道で

狭くてあなv凹だらけ

小岳登山1 

 

うっかりハマると腰が下から突き上げられて・・異様な痛み??

時速20kぐらいで行かないと体が持ちません

 

狭いところは注意喚起をしてあるんですが

よーく見ると踏み外すしたら真っ逆さまに谷底に一直線・・・アッアッアー

小岳登山2 

 

久々に味あう強烈なダートです

帰りの事を思うとゾットしますね

 

約1時間で走破して登山に着いたどー

 

雨はなし薄日がメチャ少しあとは運を天に任せて

登ることに決定!!

小岳登山3 

 

最初は背より高い木草の中をノンビリですが湿度が

半端でない・・このままでは体力に消耗が早いので

合羽と帽子を早々にはずしちゃいました

小岳登山4
 

ここからが本格的な登山のヨーイドンです

登山道はごくごく普通の登山道で歩きやすい

と感じました

小岳登山5
 

もう一本の登山道が合流してきます

ここまで1時間ハイペースかな??

登り2時間・・・下る1時間30分が標準だそうです
リンゴを乗っけて見ました・・・

小岳登山6

此処だけ携帯が通じるんです
側にソーラーパネル式の受信機があり
遭難対策でも優しい管理ですね・・・きっと助かった人も
いるんでしょうね??
小岳登山6
 

此処から頂上まで800m・・・楽勝かな

と余裕をこいていたら

強烈な階段登り・・・森林限界まで続きます

クシャミをしたら後ろに転げ落ちそうなくらい

写真を撮っている余裕はなかった・・

 

森林限界の境目です

ブナ林からはい松に変化をしているでしょう!!

小岳他山7 

 

ここまで来ると遮る物が何もないので頂上が見えて

きますが・・・なかなかとどかない

小岳登山8 

 

精神的にシンドイ時になります

足元が熊笹、はい松で良く見えないんです

見えないって・・・結構嫌なもんです

 

ゆっくりでも一歩ずつ進めていけば必ず頂上に

たどり着くんです・・・人生みたいなもんですね・・・偉そうに??

 

2時間のところを1時間40分で到達です・・・上々です

やっぱ雲で白神山地が全然見えない・・・

小岳登山9
 

雲の合間を待つこと40分・・・オー神よ

薄らぼんやり見えてきました

小岳登山12 

 

白神岳方向ですが・・ぼんやり

腕の悪さも影響してますねー

青々としてモコモコとした感じが出ない・・・

小岳登山13
 

赤いのはナナカマドだと思います

小岳登山10 

 

何枚撮っても・・・こんな感じ へたっぴー
小岳登山14
 

10分くらであっという間に雲が湧いてきたので

雨が降らないことを神に祈りながら下山をしました

 

5,6名の団体さん3組ガイド付きで登って来て

上はどうですか??

ダメですねとも言えないので・・雲が流れているので

っと・・・曖昧モコに少し期待が持てるくらいに

でないと登る気力がなくなちゃいますもんネー

 

駐車場に着いたとたんに土砂降りの雨・・・

早めに行動しといて正解でした

 

よく言うでしょ“山の行動は午前中に”って

はい松帯で降られると逃げ場がないですから

大変ですよね・・・ガイドさんの顔が目に浮かびます

ほとんど年配の人たちでしたので

 

早くあのダートな林道を抜けて温泉につかろう!!

昨日、調べておいた湯ノ沢温泉の健康館で

天国・・天国・・・ホント!!疲れが吹っ飛びました

 

明日は大館の樹海ドームを見に行こうと

思います・・・問題はそのあとです

弘前まで足を伸ばすか・・十二湖の戻るか

明日の気分しだい???

山に雨が降らないんですかねー

素波理湖は渇水だと思うんですけど
小岳登山15 

2011年 9月 16日 (金)   晴れ        

 

出発地 秋田県大仙市 道の駅 協和

現在地 秋田県能代市 道の駅 ふたつい

走行距離   213.6km

累計距離 11970.5km

出費  5,960円

GAS  2,840円

食費  2,420円

雑費    700円

 

やっと、と言ううか、とうとう、と言ううか秋田まで

来てしまいました

 

多少の疲れはありますが、毎日が新鮮です

行きたい所に行って・・・なーんだ って思うこともあるし

でもガッカリはしませんよ・・来たことが良いんです

 

反対にあまり期待もしてなかったのに・・・すっごいと

思うこともあるんですから!!

 

でも今日は失敗ですかね・・・事前調査が??

五城目町の朝市に行ったんですけど・・・

毎日はやってないんです・・・月に5回ぐらいなんです

 

自分の悪い癖で、最後まで確認をしないで・・。コッチとか

早とちりで勝手に思い込んでしまうんです

これで何回も失敗して痛い思いをしているのに直んないですね

 

車なんかではすぐに戻れますけれど

山でやると致命的ですよね・・・癖が判っているので

しっかり確認をしても、間違えて下ったりして

ヒイヒイ言いながら登り返したり・・・何時も大事にならなければ

いいなぁと自分でも思っています

 

次の行こうと思って周りを見たら山の上にお城があるじゃないですか

せっかく五城目まで来たので、何かあるかも知れないと

登ってみたら・・・なーんもなし

観光用にコンクリートで作ったみたいで・・・上手くいかなかった

みたいです

五城目1 

 

お城からの街並みです・・・なんかホットする風景ですね

五城目2 

 

男鹿半島に入る前にちょっと遠周りになるんですけど八郎潟が

どんだけ広いのかこの目で見たいので・・・例の寄り道

 

八郎潟って全部埋め立てられてはないんですね

埋め立てた外周部はまだ湖が残ってるんです・・・

要するにお城のお堀みたいのを想像すると

解りやすいかも??

八郎潟1 

 

残った堀みたいな湖のデカいこと・・・すっごく広いんです

ですから、埋め立てられた潟はとてつもなく広いと思う??

当時はコメ不足ってことで大事な自然を破壊してまで

コメを作ったんですが・・・今はコメ余りです

なんか・・・取り返しのつかない失敗をやらかしたような

気がしました・・・広大な田園風景が広がってますけどね??

八郎潟2 

 

久しぶりに登れる灯台の入道埼灯台を登ります

ついでに一周してみます・・・50km位なのでゆっくり

走っても3時間はかからないと思います

 

男鹿半島は“なまはげ”ですよね!!

何処の行っても“なまはげ”の人形があります

でも本家はどこなんですかね??

 

一周すると色んなものが目に飛び込んできます

そのたびの降りて・・・パシャリ

結構、たいへんなんです・・・

Uターンしたり・・・バックをしたりで

 

売店の駐車場に立ってるでっかい“なまはげ”

男鹿半島1 

 

郷愁を誘うバスの停車場

男鹿半島2 

 

渚100選に選ばれた鵜に埼で

海に向かって吠えているゴジラ・・・そう見えますか??

男鹿半島3 

 

そうこうしているうちに灯台に着きました

何時ものポーズで

入道埼1 

 

普通、灯台って高いところにたっているので

たどりつくまで大変なんですよ・・・

でもこの入道埼灯台は県道から歩いて3分ぐらいの

草原に立ってます・・・楽ちんです

それと階段の幅が広くて高さが低いのでとっても登り
やすかったです
入道埼2
 

絵になりますよ

大草原の小さな灯台・・・どうですか

入道埼3 

 

上から見た風景をご覧あれ

お土産屋さん・・・家はこの一角だけ

入道埼4 

 

岬は海と陸の境目・・・なんちゃって

入道埼5 

 

あの山は八甲田だと思うんですけど

方向も山姿も

入道埼6 

 

草原の中に碑が立ってたので記念に1枚

北緯40度だそうです

入道埼7 

 

どうでもいい写真を2枚

お土産屋さんで頑張っている”なまはげ”ドンと

神妙にしないと食べられちゃうんで??

入道埼8 

 

匂いに釣られて・・・一杯・・もちろんノンアルですよ

入道埼9 

 

明日は白神山地を見るのにロケーションが最高と言われている

藤里町の小岳に登りますので今日中に藤里町に入っとかないと

間に合いので・・・速攻で向かいます

 

2011年 9月 15日 (木)   晴れ        

 

出発地 秋田県横手市 道の駅 十文字

現在地 秋田県大仙市 道の駅 協和

走行距離   133.5km

累計距離 11756.9km

出費  2,400円

GAS       円

食費  2,100円

雑費    300円

 

今日の朝食は豪華です

友達のナオちゃんが道の駅まで持ってきてくれました

ナオちゃん1 

 

何時もはバナナとかリンゴ・・・コンビニがあれば三色サンド

などで済ましていたので感激です

少し昔話しをして来年は北海道に行くことを約束して

別れました・・・仕事が忙しいのに相手をしてくれて

本当にありがとうございました・・・

船旅の安全を祈ってます・・・行ってらっさしゃい

 

海側の7号線と内陸の13号線を行ったり来たりで

なんか落ち着きませんが・・・今日はせっかの13号線ですので

角館の武家屋敷と

久しぶりの、なんでも日本一の田沢湖に寄って7号線に

戻ります

 

角館ってホント小さな城下町ですよね・・・

もちろんお城は維新で壊されてしまったんですが

武家屋敷の一部だけなぜか残ったんですね

残ったのは6家だけで、その間、合間にお土産屋さんとか

食べ物屋さんが並んでいるんです


武家屋敷通りの入り口にいるオバちゃんの・・・ババアイス
ソフトとは違うんです・・舌触りが??
角館1
 

距離は全部入れても5.600mぐらいじゃないですか??

通りの幅なんかは広いですよ

左右に歩道をつけても片側一車線はありますよ・・

角館2

6家全部見ても変わらないと思うんで一番古い

勘定役(経理ですね)だった石黒家にお邪魔しました

実際に今でも子孫の方が毎日生活をしているので

全部は見れないですけどね・・・

 

ガイドさんの説明を5分くらい聞いてから

あとは写真も自由に撮れます

 

質素な床の間です

角館3 

 

客間の欄間に亀の透かし彫りが彫ってあって

光の関係で客間側の壁に投影されるようになって

いるんです・・・こうゆう処で楽しんでいたんですね??

角館4 

 

これ何だかわかります??

いろりの上にあるんです

今は1本しかないけれど昔は何本もあったそうです

はい・・・答えは

当時の物干しです・・・・正解ーいデス


囲炉裏の上を左右に移動が出来てとっても便利モンなのです

角館5
 

家の中にある土蔵です・・・立派ですyo−

角館6 

 

たしか、酒田の青山本邸にも有りましたよ??

 

下駄です・・・二の字、二の字の下駄のあと

さすがに雪国なのでしょう歯が高いですよね・・・

ワラで編んだの・・何て言ったですかね???

角館7
 

門構えはメチャメチャ質素です

春は良さそうですね特にサクラは!!

武家屋敷通りは枝垂れ桜がありましたから

綺麗だと思いますよ??

角館8
 

お土産に稲庭うどんの老舗の佐藤養助さんで半端もん

を1塲磴辰燭磴い泙靴拭ΑΑΓ僑毅葦澆任

味は変わんないのでこれだと沢山食べられるので

お得感があるんです

角館9
 

久しぶりに「なんでも日本一」行きます

湖の水深が423.4mで日本一深い田沢湖に・・・・

田沢湖2

水が濃いブルーで湖岸に近いところでもブルーなんです

田沢湖1 

 

向こうの山は秋田駒ヶ岳です・・・良い姿、形ですねー

雪でもかぶっていたらもっときれいでしょう!!

田沢湖4
 

またまた出ました辰子観音さんです

伝説の美少女らしいんですけど、どこにも能書が

無いので良く解りません

田沢湖6 

 

それと角館から入るルートは裏なんですかね??

金ぴかのたつこ像と小さな社があるだけで

寂しいの・・・・

金ピッカピッカの「たつこ」ちゃん
チョット・・・引いちゃいますね
田沢湖8

せっかく来たのだから一周してみたら

田沢高原から入るルートの方が大きいし遊覧船が

出ていました

 

御座石と言うところも立派な神社があるんです

遊覧船も出ているみたいでした??

 

いよいよ明日は秋田市に入ります

まず洗濯をしたいんです・・・たまちゃって!!

 

今日の道の駅「協和」は良い駅ですよ

インフォ室が24時間開いているし

もちろん冷房も入ってます

何よりも座敷があり仮眠が取れるんです

こんなのはめったにないですよ!!

共和 

2011年 9月 14日 (水)   雨のち曇り      

 

出発地 山形県酒田遊佐町 道の駅 鳥海

現在地 秋田県横手市 道の駅 十文字

走行距離   163.1km

累計距離 11623.4km

出費  1,100円

GAS       円

食費    700円

雑費    400円

 

今日は横手で古い友達と10数年振りに会って

食事をする事になっているので朝からワクワクです

 

朝まで雨が降っていたんですけど・・・出かけるころには

あがり気持ちの良い出発が出来たので天の神に感謝です

雨の出発は何となく気が重いんですよね・・・

 

会う友達が像潟にある「獅子が鼻湿原」が良いよって

情報を貰ったので行ってみます

 

その前にちょっと気になる案内を見つけたので

寄り道をして行きます・・・何時もの事で!!

旧青山本邸・・・何だろう??

 

 

小樽のニシン漁で一代で財を成した漁業王・・・青山留吉さん

の本宅の母屋です

青山邸1 

 

そんなに大きな家に見えないけれど

柱とか梁は太さとか厚さに目お見張りますよ!!

 

美しい松ですね

青山2 

 

台所の板張りなんか幅も広くて年季が入ってます

青山3 

 

変わったところで出勤表ですがどうやって使うですかね??

北海道には素晴らし別宅があるそうです

北海道に渡ったら見てこよう!!

青山4
 

文化財の認定書です・・・あんまり見かけないですよね

青山5 

 

鳥海何とかラインは景色がいいですね
期待の獅子が鼻湿原です

入り口から湿原までは30分かかります

獅子が鼻1 

 

湿原までの森の青さが何とも綺麗で目に沁みます

獅子が鼻2 

 

湿原に近づくとだんだんとブナが多くなってきます

それも“あがりこブナ”が多く見るようになってきます

ブナの原始林が手つかずのまま残ってるんですね!!

この橋から湿原に入りますよ!!
獅子が鼻3 

 
だんだん奇形ブナが多くなってきました
獅子が鼻4

鳥海山の伏流水が湿原のいたる所を流れて

その流れる音と透明感のある水・・・思わず感嘆し

てしまいます

 獅子が鼻6

 

湿原の中は木道について歩くのですが2時間チョット

歩きまわりすっげなー・・・すっげなーの連続でした

ペットボトルを持ってくれば良かったと・・・つい反省

獅子が鼻5 

 

鳥海まりもです

石に苔が付着して見た目・・・まりもに見えるんです・・

獅子が鼻9 

 

湿原の出つぼで・・・岩の下から

ドックン・ドックンと大量に噴出して苔の色を

映し出してそりゃー綺麗です

獅子が鼻8 

 

あがりこ大王です

受け売りですが・・・“あがりこ“とは???

親幹のから枝幹が何本も伸びている状態を

子が上がると言い“あがりこ”と言うのだそうです

獅子が鼻10
 

昔、炭焼きで1本の枝を残して切ってしまい

そこからまた発芽して枝幹になり何回も繰り返して

あがりこブナになるんだって!!

 

ですから白神山地にはブナが多いですがあがりこブナは

1本もないんだって・・・

 

いずれにしても感動の2時間でした・・

ぜひお勧めしたい場所です・・・行ってみてくださーい

獅子が鼻11 

 

横手の友達と3時の待ち合わせなんで

急がなくっちゃ・・・

 

友達は「ナオちゃん」って言います・・・女性ですよ!!

アラフォーをチョット往ったばかりかな???

エアロビの先生でヴァイタリテーのかたまりで頑張ってます

 

着いたらエアロビの最中でしたので先に温泉を

頂いちゃいました

  

次のエアロビまで時間があるので盆踊りで有名な

西馬音内の盆踊り会館に連れってってもらいビデオで

優美な踊りを見せてもらいました

西馬音内1

見とれて写真を撮り忘れちゃいました

踊りの順序をまねた綺麗な人形です

西馬音内2 

 

盆踊りの前でナオちゃんとポーズ・・・

西馬音内3 

 

夕食は稲庭ウドンをご馳走になっちゃいました

何時も食しているのは半端門の稲庭ですが

今日のはちゃんとした長い稲庭です

タレが二種類あり二味楽しめました・・・もちろん天ぷら付ですyo−

稲庭1 

 

にやけてダラシノない( ^)o(^ )

稲庭2 

 

うどんを食べに行ったのに

庭付きで床の間もある個室に通されて二人とも

ヤベー高いんでないの???

 

おごって貰って有難う・・・へへへ

門構えも料亭っぽいし・・短パン、ジーンズサンダルで来るとこでは

なかってんでないの・・・場違いみたい

稲庭3 


でもうどんは少し細麺で美味しかったです!!

 

帰りにナオちゃんの奮闘ぶりを拝見しちゃいます

生徒さんはプールの中で動きに負担が無いんですが

先生のナオちゃんは陸に上がっての指導でタイヘンみたい

エアロ1
 

だって水温が30℃もあるので室内はチョー蒸し暑い

コレジャー少しは痩せられるかな??・・リバウンドもあるし??

 

足を上げ、手を上げての激務です

激しく動いているので写真が上手く撮れなくて

ゴメン・・・です

エアロ3
 

場所は横手の雄物川温泉「えがおの丘」でやってますので

お近くで体を動かしたい方はお立ち寄り下さい

お待ちしています!!

エアロ4 

 

写真の撮影を快く許してくれた生徒の皆さんと施設の
人たちに本当に感謝です・・・有難うございました
楽しい写真が沢山撮れました

ナオちゃんと久しぶりに会えてとっても嬉しかったし

忙しいのに楽しい時間を作ってくれて有難う・・・

お土産まで貰っちゃて・・・スイマセン

 

東京に来たらおごらさせて頂戴ね・・・お願い

2011年 9月 13日 (火)   晴れ時々曇り      

 

出発地 山形県鶴岡市 道の駅 月山 

現在地 山形県酒田遊佐町 道の駅 鳥海

走行距離   239.9km

累計距離 11460.3km

出費  16,674円

GAS   8,894円

食費   3,080円

雑費   4,700円

 

道の駅「月山」は結局・・・愛車1台

風呂にも入ったのでゆっくり休めました

ブログもアンテナが立たないのでアップが出来ない分

時間に余裕ができちゃい持て余し気味・・・8時には

就寝には眠ってしまいました

 

今日のルートは寒河江に抜けて最上峡で船遊びをして

日本海の酒田に戻ります

 

来た道を鶴岡市まで戻って酒田を目指すのが一番近いんですけど

来た道を戻るのも芸が無いので寒河江ルートにします

 

112号線をのんびりドライブをしていたら・・・湯殿山本宮・・左

羽黒山で三社いっぺんにお参りをしたので湯殿山は

考えてなかったんですけど・・・見ちゃったらね・・・

 

まだ時間も早いので・・・チョットね

湯殿山神社へは専用の有料道路でないといけないんです

その入り口がてんで解りにくい・・・やっとたどり着いたら

通行時間は8時15分から・・・だって

まだ7時ですよ・・・弱ったなァー

 

何時もですとパスっとスルーをしてしまんですが

三山のうち二山までお参りをして1つだけ抜けるのは

後悔しますよねー・・・急ぐ旅でもないし

時間つぶしに月山湖の噴水を先に見てしまおうと

行ったのですが・・・平日は10時から1時間おきなんですって

湯殿山よりもっと悪い・・・今日の出足は最低

20kmも走ったのに!!

 

ポンプで噴水を上げるんですって・・・人工的に

それこそこっちはパスして湯殿山に戻ります

 

有料道路を10分くらい走ると

大きな鳥居が立つ駐車場に到着します・・・でっかいですよー

湯殿山1
 

ここから本宮までは2kmの結構きつい坂道をエッチらオッチラ

参拝用のバスも出ていますので多くの人はバスを利用しています

 

少しアップダウンのある階段を進むと本宮に着きました

湯殿山2
 

最後の下り・・・すぐ本宮です
湯殿山3

処が本宮は全面撮影が禁止ですって・・

羽黒、月山よりてんで厳しい

それと裸足でお参りをさせられちゃう

昔は女人禁制だったので褌いっちょなんですって
湯殿山4

 

お参りの仕方は月山と同じでお祓いを受けてから

入る事を許されます

ご神体と思われる大岩からは温泉が湧き出ていて

メッチャ・・・熱っちい

 

神仏混合の名残りで仏教みたいにろうそくとかお線香も上げる

んです・・

面白いのはろうそくに火をつけてお参りをしたら

持って帰って自宅で使ってお祈りを続けてだって

もちろん持ってきましたので仏前で使いますよ!!

模造品のミイラです
山形には本物が6体残っているそうです
湯殿山5

 

途中、寒河江の道の駅でためしにモバイルに電源を

入れたらアンテナが立つじゃありませんか

早速、12日のブログをアップ・・・写真も楽々

寒河江1

チェリーとパンプキンの二色ソフト・・・かぼちゃは、いま一でした
寒河江2

ホントどこでアンテナが立つかは解りませんねー

月山の8合目の駐車場で楽々アップが出来たんです

アットおどろくためごろー・・・ですよね(失礼・・死語でした)

ほんと目を疑いましよ信じられなくて!!

今日に道の駅「鳥海」は酒田に近いのにまったくのNGです

 

さぁー・・期待の最上峡です

日本三大急流の一つと言われて九州の球磨川と

もう一つです・・・忘れちゃいった、年は取りたくねえー

 

定期運航の最終便に間に合いセーフ!!

乗船人は私一人・・・参ったな、間が持つか心配??

貸切状態

最上峡1 

 

急流と言われてる割には全く静か・・・

雨が少ないので渇水状態だそうです

12kmの川下りで揺れるところは一か所だけで

救命胴着は必要があーりませんでした

 

どっかで操船ミスでひっくり返ったでしょ

内心、びくついていたんですよ!!

 

船頭さんもお互いに気をつかいながらちゃんと三曲も披露

してくれて・・・そこそこ上手でした

最上峡2 

 

見どころは両岸の山景色でしょうね

ですから新緑の5月とか紅葉の11月が見もの

でしょう・・・今は暑いだけでした

 

写真を何枚か・・・

天然杉の山並み

最上峡4

弁慶の千人堂
義経さんと奥州に逃げ込んだ時に立ち寄り
山伏さんが残って修行をしたんですって??

最上峡5 

 

白糸の滝

やっぱ水量が足りないので迫力不足ですかね・・

最上峡6 

 

途中にトイレ休憩があり

ビール・焼き鳥・アユの塩焼きなどお金を使いように

なってます???

 

ビールで塩焼きと山形名物の玉コンを美味しく

頂きました・・・ご馳走様でした

最上峡6
 

庄内の米どころの命の水でここから引き込んでいるみたいです
頭首工って書いたありました・・・地名ではなさそうです??
最上峡7

遊覧船の終着駅です
最上峡7

帰りは路線バスで乗り場に戻りました

最上峡8

一人でしたのでお互い何となく盛り上がりに欠けた船旅でしたが
それは其れなりに楽しい思い出になりました
船頭さん・・・有難うございました!!




 

 

2011年 9月 12日 (月)   曇り      

 

出発地 山形県月山8合目駐車場

現在地 山形県鶴岡市 道の駅 月山

走行距離    56.9km

累計距離 11220.4km

出費  5,350円

GAS       円

食費  3,450円

雑費  1,900円

 

夜中0時ごろ

まん丸いお月様・・・東京じゃ見られませんヨ

明日の快晴は疑いもしませんでした・・・この時は??

月山1
 

庄内平野の鶴岡・・・酒田の夜景が一望なんですけど

デジカメでは夜景モードにしても真っ暗で何も

映りません・・・光が足りないんでしょうね??

写真は全くのオンチでどうにも・・・ならない

グヤジー

ホントに綺麗なんですから!!

 

と、ところが車が揺れるので目が覚めました

窓からそっと覗くと強風・・・草が真横になびいてるんじゃ

なくて倒れている・・・ヤベナー

せっかく8合目に車中泊までして登ろうとしたのに

アウトか???

 

6時ごろには風も少し収まってきたし

全面・・・霧で見えないので悩んでいると!!

中型バスが1台・・・この霧の中で来たんです

 

窓から見ていると20人ぐらいの団体さんで

登る気満々です・・・そのうちにラジオ体操を始めましので

月山2 

 

少し離れて付いて行くことにします

ここが登山口です

大きな池塘の脇をから取り付きます

月山3
 

ご覧の通り石の登山道です

石って意外と歩きにくいんです

登りは良いんですけど、下りはエライ歩きにくいんです

踏み外すとすっころぶし・・・石だけに大怪我になります

月山4
 

登り始めてから1時間30分で9合目の仏性池小屋に

着きました・・・霧で視界が5m位ですので

突然・・・目の前に現れったて感じです

管理人さんは女性の方で1人で切盛りを

しているようでした

月山5
 

暖かそうなお地蔵さん

月山6 

 

ここからあと1時間チョットで山頂の月山神社本宮です

天気は相変わらず霧です・・・なーんにも見えません

月山7 

 

黙々と足を進めるのみ・・・下を見ながら

そうしないと石が霧で濡れているので

滑って踏み外して痛い目に合うので・・・慎重に

 

登山道の8割がたは石ですね

山頂の手前で木道が突然現れて・・・ワァーこれで山頂かと

ぬか喜び・・・前にもまして大きな岩が続きます

月山8
 

とぉ、またもや突然神社の屋根が現れ回り込むように

して鳥居が出現です・・・何となくほっとします

とともに・・あぁー登れた 充実感で一杯です

バンザーイ

月山9 

 

ここから写真は撮れません

入り口近くの撮りたい物があったので神主さんに

聞いたら・・・やっぱり駄目でした

 

お参りをしてしばらく晴れ間が出るのを待ったんですが

風が冷たく感じるようになってきたので

残念ですが下山をします

晴れていれば緑の草原に白い神社が映えて最高な

ロケーションだと思うんですけど・・・ほんと残念です!!

 

三角点は神社の後ろで少し下がったところにあるらしいのですが

ロープが張ってあっては入れません・・・何でだろう??

 

帰りも8合目に着くまでずーと霧の中でした

自然を相手ですので仕方がないです

 

チョットの晴れ間に池塘郡が垣間見えました

月山11 

 

たしか・・何とかキキョウって名前だと思うんですけど

小さく可憐な花ですね

7月の20日前後は・・・小さなお花畑が一面に咲き乱れて
いるそうです・・・その時また来たいな!!
月山12
 

それと登拝認定書を・・・ゲット

 月山10

 

さすがに降りてきてグッタリです

寝不足の一日になってしまいました

月山13 

 

昼飯も食べたいんですけど・・・それよか風呂ですよ

羽黒町で日帰り温泉「ゆぽか」発見・・・地獄に仏とは

良く言ったもんですね・・・よーく解ります
写真下手くそで・・・すいません見えないですよねー

月山15 

 

でも平日の3時ごろなのになんでこんなに車が多いの??

会社はどうなってるのかもしー

月山14 

寒河江でやっとアップしました・・・ホッ

2011年 9月 11日 (日)   快晴      

 

出発地 山形県鶴岡市 道の駅 庄内みかわ

現在地 山形県月山8合目駐車場

走行距離  40.0km

累計距離 11163.5km

出費  6,650円

GAS       円

食費  1,650円

雑費  5,000円

 

おじさんのお願いが叶い快晴です・・・暑いくらい

今日は出羽三山からスタートです

 

出羽三山は月山・羽黒山・湯殿山を指しますが

昔は・・今も特殊な人はそうですが、それぞれのお山に

登っていたらしいんです

 

でも冬の間は雪が深いのでお参りができないんですね

そこで羽黒山に三つの神様をいっぺんにお参りが

出来るようにお社を立てたのが三神合祭殿です

 

いつのころからは良く分からないらしいんですが

上手く考えましたよね!!

現代人にはもってこいのお気軽参拝がOKですもん

 

山頂までは車で行けるんですが・・・路線バスも鶴岡駅から出ています

私は国宝の五重塔も観たいし2446段の階がどんなもんか

経験をしたいので60分ほどエッチラ、オッチラ

歩いて登りました

 

登り口の随身門から歩き始めて10分くらいで

出羽三山1 

 

五重塔に到着です・・・アットいう間です最初は下りですので・・・

出羽三山2 

 

皆さんはここでUターンをして戻ってくるまで

山頂に向かいます・・・ホントお手軽です

 

五重塔はやっぱり湖が吹いたように全体に

白っぽいです・・・最北端の五重塔だと思います

 

すぐに羽黒山で一番の巨木・・・爺スギ です

1000年以上だそうです

出羽三山3 

 

サァーここからシンドイ階段登りです

強烈な高さと勾配がありそれがエンエン続きます

天まで続くかと思います・・・なるたけ上を見ないように

出羽三山4 

 

30分くらいで二の坂茶屋に到ちゃーく

出羽三山5
 

良い按配のところにあるんですね・・・これが

そしてここで石段の踏破認定証をゲットしちゃいました

出羽三山6 

 

力餅を頂き元気が湧いてきたら・・・もう半分です

出羽三山7 

 

階段はまだまだ続きますヨー

上を見ると目がくらみ溜息ばかり

この表参道の杉並木は特別天然記念物だそうです

芭蕉さんの碑が出てくると山頂も近いです

 

大きな茅葺屋根の三神合祭殿が見えてきました

見事な茅葺屋根です

出羽三山8 

 

真ん中が月山で右に羽黒山左に湯殿山です

飾り物で隠れていますけど・・・解ります??

もう一つ不思議なのが羽黒山ですが

出羽神社になってるんです・・・また聞きそびれちゃいました

出羽三山8 

 

神さんが沢山です
出羽三山9

帰りを同じルートで帰るのも脳が無いので

山頂のセンターに行ってみたら丁度

鶴岡行きの路線バスが止まっていたので

楽ちん下山です

  

巫女さんのお話ですと月山は8合目まで車で

行けるらしんで、いつものちょっと寄り道・・・・

 

8合目の駐車場はご覧の通り観光バスも含めて

満車状態・・・良くこんな大型の観光バスがあの

細い道を上がって来るもんだ??

月山1
 

8合目は平らな草原で池塘がいくつかあり

月山3

月山神社の中の宮をお参りしながらの遊歩道に

なっています・・・一周1時間ぐらいかな??

月山2
 

100名山を前にして帰れねーな!!

登りたい・・・・往復約6時間

今に体力も心配だしナー

すっごく悩み・・・明日トライすることに決めました

月山5
 

しんどかったったら躊躇せずにUターンを前提に

そんな訳で8合目の車中泊になりました

2011年 9月 10日 (土)   雨(一日中)      

 

出発地 新潟県村上市 道の駅 神林

現在地 山形県鶴岡市 道の駅 庄内みかわ

走行距離  107.8km

累計距離 11123.5km

出費  5,010円

GAS       円

食費  2,490円

雑費  2,520円

 

朝、起きたときは小降りで気にはならなかったんですけど

出かけるときは降ってきやした・・・・

出鼻の挫かれたって言うにはこんな事ですかね??

 

村上って言えば鮭

鮭って言えば小百合ちゃん

ですよね

 

TVCMのあんな感じを期待して出かけたのですが

途中にこの看板・・・歓迎 瀬波温泉

ヤバイ!!・・・

瀬波温泉

案の定・・・日帰り温泉の玄関を開けてる

処に遭遇・・・入れるの??

はい・・・どうぞ!!

でもって朝一番風呂
瀬波温泉2

 

当然だーれもいません

無色透明でやっぱり少しショッパイ

海辺の温泉はどこもみんな大なり小なりしょっぱい

ですね・・・そしてツルツル

そしていつもの仁王立ち牛乳一気飲み
前回はコーヒ牛乳で報告をしたらフルーツ牛乳も
行けるとのご指摘がありましたので今回は
フルーで一気飲みでっす
本来はスッポンポポンがルールです
せ

これから温泉に入るのが多くなりそう??

だって海岸沿いは見るとこが少なくて温泉が

メチャ多いんです

そうすると温泉になっちゃうですよね・・・


鮭の博物館 「イヨボヤ会館」です

なんでイヨボヤなのか聞くのを忘れちゃいました・・

イヨボヤ
 

イヨボヤ2

案内ではサーモンハウスって書いてあったので鮭の

食べ物がとかお土産屋さんかと思っていたんで

まさか入館料が取られるとは・・・

 

だって鮭の採り方とか養殖の仕方なんて申し訳ありませんが
興味が
無いもん!!

ただ美味しく食べたいだけです・・・退散しました

 

TVの小百合ちゃんが歩く古い街並みを探してウロツクも

たどり着かず・・・とりあえず駅に

なんか、そんな雰囲気も感じられず

諦めました・・・・無念!!

村上駅

景観で有名な笹川流れにを観たんですけど

佐渡の外海府の素晴らしい景色を観た後なので

全然、感動が湧いてきません・・・なんか申し訳ない??
笹川流れ
 

遊覧船でも乗ろうと思ったんですが人が少ない

乗る人もいなそうなので諦めて

炙りたての小魚で・・・一杯 

もォ、もちろんノンアルコールですよ!!

笹川ながら2
 

腹も減ってきたのでラーメンを食べていたら

突然・・・霧笛がボォーン

何だと思ったら遊覧船が出ていっちゃった

 

乗り損ねました・・・馬鹿だなーと

聞けばよかったんだよね・・・どうも人見知りを

するもんで!!・・・反省 これからはちゃんと聞こう

 

山形に入ってかの有名な温海温泉・・・

また入るわけにもいかず

でっかいこけしの案内だけを1枚…パチリ
温海温泉1

ついでにこれも1枚

なんか無理がありません??・・・これ

温海温泉2 

 

出羽三山神社合祭殿にお気軽参拝に向かったんですけど

雨が止まず困った!!

雨の中の参拝は嫌だし

それに羽黒山の階段を登って証明書をゲットしたいし

かと言って雨の中で階段登りをしてこけたら

大馬鹿のコンコンチキだし・・・・

 

で躊躇して今日はヤメときます

 

通り道に鶴岡市があったので時間つぶしに

散策してみました

 
鶴岡は庄内藩で明治維新の時に徳川さんに味方して

負けちゃったんです

ですからお城も取り壊されて今は公園になっています

歴史的な建造物は公園の周りに点在しているので

とっても散策しやすいでした

 

旧鶴岡警察署です

今も現役で財団の事務所になって頑張っています

鶴岡散策1 

 

旧郡役所

明治維新の資料が展覧されてます

筒岡散策2
 

やはり庄内藩も教育には力を入れて

藩校があり荻生徂徠学を学んでいたようです

藩校 

 

歴史のある教会だそうです・・・立派ですよね

教会2

門と不釣り合いな気もしますが・・またこれも良し

教会
 

古い建物で釈迦堂と庚申堂があるんで寄ってみたら

鶴岡散策6

どうも雰囲気が違う??

入口の履物が全部女物みたい・・・ですよね

鶴岡散策5

そっと覗いて見たら写経をしてるんです

ゴメン・ゴメン

慌てて・・・退散

 

明日は絶対に雨が上がってください

曇りでも良いです・・・お願い

 

おまけ

鶴岡伝統品の御殿花まり

車用に1個買っちゃいました


まり2

2011年 9月 9日 (金)   曇り時々晴れ      

 

出発地 新潟県新潟市 道に駅 新潟ふるさと村 

現在地 新潟県村上市 道の駅 神林

走行距離  102.2km

累計距離 1115.7km

出費  9,868円

GAS  7,508円

食費  2,360円

雑費      0円

 

昨日は佐渡から戻り、道に駅に着いたのが

もう午後8時近くで寝る支度をして

目を付けておいた回転すしに直行です

 

10皿ぐらい食べて1100円くらい・・・ホント安い

 

もともと貧乏性ですのでイカとか赤身の安いのが

好物とできているんで・・・母親の仕付が良かったんでしょ??

“あいうえお“で始まるネタは眼中にないの!!

 

それでも大満足です

 

でもって寝ようとしたら

周りで3台も車の冷房をかけて寝ていやがんの!!

そのうちの1台の軽がうるさい・・・・

エンジンがぼっ壊れてんでないのって思うくらい音が大きい

非常識ですよ!!

 

掛けるなとは言いませんよ

掛けるんであるんならば、気を使って車が密集してない

処を選ぶとか・・・考えてチョウライ

 

車中伯の車はどうしてもWCに近いところに集まりやすいんでね・・・

 

蒸し暑かったですよね

私は秘密兵器のドアーネットを引っ張り出して

窓を全開にして寝ましたのでグッスリでしたが

朝、寒くて目が覚めちゃいました

 

今日の予定は佐渡の三日分のブログの整理とか

写真のバックアップをDVDに保存したり

移動足跡を地図に記入したりとかで

休養日に当てたかったんで・・・

すべてがゆっくりです

 

ついでに歩いて5分くらいにコインランドリーが

あったんでシャボンもしちゃいました

 

お昼少し前に終わったので物産店を探検・・・美味しそうな

ふるさと村1

魚が沢山あったんですが保存が出来ないので

諦めて食いものを探したんですけど・・・高い

定食なんて2000円もするの・・・

 

でも駐車場は大型バスで満杯・・・みんな小金持ちなんでしょう??

ふるさと村2
 

自分は道の駅の隣の中国上海厨房の「三宝亭」

三宝亭1

激ウマつけ麺と餃子と無料の半ライス・・・

つけ汁・・・これが本当にうまい

三宝亭2
 

それと接客がすべて女性で物腰がとっても柔らかい

社員教育が良いんですね・・・

三宝グループさん・・・美味しかったです

物産展で食わなくてヨカッタ!!

 

何処に行こうか迷って・・・道の駅の情報センターに

飛び込み・・・村上までの間に何かない???

 

係りのおばちゃん・・・何もない

“笹川流れ“までは海岸線も見えないし

ほんと何もないんですよって新潟の地図をくれたので

トロトロ移動してみます

日本はホント道路状況が良いですよね!!

特にバイパスが、何処に行っても街中を通らず

その名の通りスイスイ走っちゃいますもんね・・

 

ですからバイパスは出来るだけ乗りません

旅の面白みが半減しちゃいますもんね

でも道の駅とか大型のショッピングモールは

全部パイパス沿いにあるんですよ・・・

利用しないわけにはいかないでしょ

 

新潟市内にこんなのが???

レインボウータワーです

レインボウタワー

展望室も見えたので登ってやろうと思い近くまで行ったのですが

工事中でウロウロもできないし、駐車場の入口も

判んないので写真だけ撮って諦めちゃいました・・根性がねえもんで

 

それと8号線が新潟市内で7号線になりました

日本海側のバイパスは山口の9号で始まり石川あたり

で8号になり新潟で7号になるんですね??

 

ともかく海側・・海側と走ってると

三幸さん、知ってます・・・松平 健 のCMでお馴染みの

せんべい屋ですよ!!

昔の奥さんはスーちゃんだったんですが

今は原日出子さんだと思ううですが???
三幸
 

聖籠町の紫雲寺と言う村で素晴らしい防風林を見っけ

松は細いんですけど全体のバランスが良いですね

色々の松原を見てきましたが松が大きく育てば

素晴らしい名所になるんでないですか??

紫雲寺
 

7号線はとにかく道の駅が多いい・・・

何となく立ち寄った豊栄と言う道に駅ですけど

国交省で認定した道の駅第1号だそうです

棚簿田ですよ

豊栄1

こんなこともあるんですね・・・ラッキー

これからのルートで悩んでいます

東北はルートが3本あるんですよ

日本海側の7号線

奥羽山脈の13号線

太平洋の4号線

 

悩ましィー

 

日本一周ですので海岸沿いが最もなんですけど

13号線が悩ましー

 

明日またゆっくり考えよー

 

2011年 9月 8日 (木)   晴れ       

 

出発地 新潟県佐渡市 道の駅 芸能とトキの里

現在地 新潟県新潟市 道に駅 新潟ふるさと村

走行距離    82.3km

累計距離 10913.5km

出費  5,620円

GAS       円

食費  2,490円

雑費  3,130円

 

快晴・・気持ちの良い朝だ

あさだ、あさだよ、朝日が昇る・・・

久しぶりの快晴です

 

佐渡 3日目です・・早いですねー

もう帰らなければいけません、車が無ければ

帰りの事を気にしなくてすむんですけどね!!

今日の夕方、新潟に着きます

 

今、フェリーの中で日記を書いています

2時間半の船旅ですので、出来れば終わらせたいですね

 

フェリー乗り場で待機していたら

目の前で突然・・・明いたんです
フェリー乗口

 

こを見てください・・・船首の部分が上に上がり

ぱっくり口が開いたようになるんですヨ・・・

知ってましたか??

 

もしかして知らなかったのはオレだけかも??

 

今日は最後で9時まではこれと言っていきたい所がないので

それまでブログのアップでもしようと350号線の佐渡市役所に

近いコンビニで始めたんですけど

 

写真のアップが大変・・・1枚アップするのに3分ぐらい

掛かるの・・・忍耐が無ければ無理です

6日の写真をアップして文章を整理するのに1時間10分

も掛かりイライラ・・ぶつぶつ

限界に近づいて来るのが自分でも解るの!!

 

それでも我慢をして7日目に取り掛かったんですけど

プッツンしました

ブログのアップをしに佐渡まで来たんじゃネー


もう我慢がなんねー・・・やーめた!!

 

温泉でも入ろうと相川の観光案内所で日帰り風呂を聞いたら

後ろを指さして・・・あそこ

なんか・・・福祉事務所みたい

近づいてみたらやっぱり福祉事務所です・・が

町営のだと思うんですけど

隣に温泉センターが併設されていました

相川温泉2
 

10時からですって!!

 

仕方がないので近くの佐渡金山で時間つぶし・・・

もう1回見ているのであんまり興味がないんですけどネ・・

 

おなじみの宗太夫坑コースをチョイスして20分くらいの

見学です・・・お馴染みの良くできている人形にです・・

でもなんか顔がみんな一緒のような気がするんですよ??

入り口
佐渡金山2

動くんですから・・・
佐渡金山1

動く再現人形が10シーンぐらいあるんですかね・・・
一か所しゃべりました・・・確か早く出たいなーとか??
アットゆうまに出口です
佐渡金山2

怒られちゃうかもしれませんけどリピータとして
来るところでは無さそう・・・・スンマソン
 

相川から見た道遊の割戸

良く見かける景色ですよね・・・

割戸1 

 

反対側は崩落が酷いもんです

あとどれくらい持つんでしょうかね??
割戸2

 

早々に切り上げて・・・温泉・温泉

 

入り口に「いきいきサロン」

もと・・お嬢様・・ばかり

そこへ仕出し弁当・・いい匂い

皆さん一斉に持ち込みのおかずとお御漬け物を

ガサゴソ・・・嬉しそうです

長生きして良かったですね

相川温泉2
 

お風呂は一人貸切状態・・・最高ですね

源泉は40℃位ですので加水はせずに加温だけ

少ししょっぱくてツルツルしてます

ホント・・・生き返りますね

風呂上りは・・・これ!!
コーヒ牛乳ですよね・・・なければプラッシー
左手を腰にあてがい仁王立ポーズで一気飲み
アアー爽快・爽快!!
相川温泉3

そろそろ12時ですので腹が減って・・グウーグウ

ここは食事ができないので、またまた食いもの屋探し

ホント・・・無いんです

 

昨日も散々探したのですが 

はなまるうどんが1軒だけ・・・今日もウロウロたどり

着いたのはまたもや、はなまるうどん

 

昨日、冷やしぶっかけ中とカレーセット

今日は大好きな、冷やしぶっかけ中と稲荷セット・・アァー飽きた

新潟に戻ったらお寿司を食べます・・・場所は決めているの!!

 

まだ、乗船まで2時間はどありますので真野にある

新潟で唯一といわれる妙宣寺五重の塔を急ぎ働きで見学・・・

妙宣寺1
 

小振りですが時代を感じますね・・

佐渡の建物はみんなそうですが白っぽくこが吹いてる

ように見えるんですけど・・・塩のせいですかね??

 

天気も良く、そよぐ風も涼しくノンビリしちゃいました

30分くらいうたた寝・・・風呂上りでもあり 極楽・極楽

妙宣寺2
 

そのうちに団体さんが二組来たので

邪魔にならないように・・・退散しました

 

途中・・二日もお世話になった道の駅に立ち寄り
1軒しかないお店の牛乳屋さんで佐渡牛乳100%の
ソフトクリームを頂きました
佐渡牛乳

濃厚な味で美味しかったです・・・サンキュー


また来たいです・・・東京からは近いので

それじゃーまた・・・佐渡さんバイバイ



 


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

ランキングに参加してます

旅のスタイル

もうすぐ春です希望の春ですよ
今年こそ南下しながら九州。四国を再訪して新たな興奮と感動を体験出来たら幸福だなぁー
まだ節分ですけど・・・春よ来い、春よ来い!!
とりあえず、いい加減なマイルールをいくつか。
●無事故、無違反
●高速道路はできるだけ使わない
●興味ある場所は時間を気にせずできるだけ訪れる
●エアコンはできるだけ使わない
●車中泊とたまにホテルも節約に努める
●お世話になった人、友人は絶対に会いたい
●地元のおいしモノを食べたい
演歌を聞き、歌いながら、さびしがり屋なので、思い切って人と話しながらをモットーに、元気に行ってきます。

毎日が楽しければネ

いま!!何時
もうこんな時間!!

ご訪問ありがとう
コメントお待ちしていますのでワンクリックしてチョンマゲ!!

ブログパーツUL5

フェイスブックもネ・・・

Archive

Recommend

LONG 12V 26Ah 高性能 シールドバッテリー WP26-12 WP26-12
LONG 12V 26Ah 高性能 シールドバッテリー WP26-12 WP26-12 (JUGEMレビュー »)

サブバッテリーにと考えています
でも容量がもう一回り大きいのが良いかな?

Recommend

セルスター(CELLSTAR)12Vサブ・バッテリー用充電器 IS-330
セルスター(CELLSTAR)12Vサブ・バッテリー用充電器 IS-330 (JUGEMレビュー »)

サブバッテリー充電用にと考えているんですけどどうでしょうか?

Recommend

Recommend

死ぬまでに行きたい!  世界の絶景 日本編
死ぬまでに行きたい! 世界の絶景 日本編 (JUGEMレビュー »)
詩歩
まだまだ訪れていない絶景が沢山ありました

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM